西内まりや主演の”月9大惨敗”に、胸をなで降ろす関係者がいる理由とは?

西内まりや主演の”月9大惨敗”に、胸をなで降ろす関係者

w700_7a46bedc8aadfc8972f80bcb3fc466c4451969b9b2044852


現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の“爆死っぷり”が凄まじいと話題になっている。

初回の視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区・以下同)からスタートし、先月30日放送の第2話では6.9%と一気に下落。
またもや歴代月9ドラマの全話視聴率のワースト記録を更新してしまうのでは、という声があがっている。

同ドラマは、結婚願望の強い銀行員を演じる女優の西内まりや(23)のラブストーリー。
絶対に結婚したくないというアナウンサーとして、ロックバンド・flumpoolのボーカルをつとめる山村隆太(32)が相手役を演じている。
人気者のふたりであるにもかかわらず、一部では”まったく華がないキャスティング”だと指摘されることも………。



「今回の月9ドラマは、なかなか主演が決まらず、急遽企画を一新して制作されたドラマとされています。そのため西内も山村も急な抜擢でした。制作サイドも“当たればラッキー”といった様子で、もともと諦めモードの節もあった。山村の棒読み演技に指摘が入らないのも、こうした現場のモチベーションが下がりきっているとか」(ドラマ制作関係者)


また、視聴者をガッカリさせているのはキャスティングだけではない。
ドラマの第1話で出会ったばかりのふたりが、第2話では西内の実家に山村が泊まり、さらにひょんなことから二人が抱き合うシーンなども挟みこまれ、このぶっ飛びように視聴者からは「第2話にして脚本が破綻している」との声があがっている。
どうやらストーリーの付け焼き刃感も否めないようだ。

さらに、山村の俳優デビュー作としても注目を集めているものの、役者経験のない山村の演技について

「棒読みすぎる」
「なぜこれをオンエアしたんだ」

と批判の声も相次いでいるという。

キャストも脚本にも批判が飛ぶ『突然ですが、明日結婚します』だが、この状況に、ある芸能事務所関係者はホッと胸をなでおろしているとされる。

「Hey! Say! JUMPの山田涼介(23)が主演を務めた前クールの月9『カインとアベル』の全話平均視聴率は8.2%で、現在のところ歴代月9ワースト1位になっています。現状からすると今度は『突然ですが、明日結婚します』が更新することになりそうなので、ジャニーズ関係者はホッと胸をなでおろしたようですね」(前出・ドラマ制作関係者)


ジャニーズ史上でもなかなかの低視聴率を記録してしまった『カインとアベル』。
その記憶も、今期の『明日婚』で忘れ去られるから一安心といったところだろうか。また前出の関係者によると、ジャニーズ事務所にとってはもう一つホッとした理由があるようだと語る。

「実は4月から放送がスタートする月9ドラマの主演が、嵐の相葉雅紀(34)になると言うのです。原作があるミステリードラマになるようですが、現在以上に低視聴率をとりさえしなければまず叩かれることはないでしょう。相葉は2015年に『ようこそ、わが家へ』(同)でも主演をつとめましたが、視聴率は1ケタ落ちさせることなく“無難”な結果を出しました。そういった点でも、最低視聴率の更新はないだろうと言われているようです」



これまで数多くの名作ドラマを生み出してきた月9。
捨て駒扱いでは西内があまりにもかわいそうであるが、今後、巻き返しはできるのか…。