中居正広、「ナカイの窓」でのいきすぎた悪ふざけに「不快」の声

中居正広、「ナカイの窓」での悪ふざけに「不快」の声

C4Jz6ogVUAAZ1lL


昨年、日本中から惜しまれつつも解散した国民的アイドルグループ・SMAP。
解散後も精力的にバラエティ番組での活躍を続け、お茶の間を笑いに包んでいるのがリーダーだった中居正広だ。

彼のMCとしての実力は誰もが認めるところであり、現在のテレビ業界ではすっかり欠かせない存在になっている。

だが、ある業界関係者は、そんな中居に”心配の種”があるのだという。



「中居は場の空気を読んで回すのが本当にうまいというのが、業界関係者の一致した見方です。ただ、彼はもともとヤンチャだっただけに、心を許した出演者に対して、時としてやりすぎることがあるので、それが心配です」


それを象徴するエピソードが、2月8日に放送された日本テレビ系「ナカイの窓」で起こったという。

「中居がレギュラー陣と温泉旅行へ行くスペシャルだったのですが、昨年の番組でのハワイ旅行でビジネスクラスに乗せろとゴネた陣内智則だけをバスに乗せずにマイナス3度のなか、サイドカーで移動させていました。その後もKis-My-Ft2千賀健永と山里亮太のスキーウエアを脱がせ、半脱ぎ状態で雪上ラフティングをやらせたたり、ピース・綾部祐二にも服を着ないままでボードをやらせたり、雪上に寝かせて上からショベルカーで雪の塊を落としたりとやりたい放題。昨年、女性誌の『嫌いなジャニーズ』ランキングで中居は5位になり、『司会進行時に人を小バカにしたり、加減をせずにやり過ぎるのが非常に不愉快』『話の揚げ足をとったり、自分のやりたいように話を終わらせる』などの理由が挙げられていました。今回の悪ふざけで不快に思った視聴者も少なくないと思いますよ」(女性誌記者)



人を傷つけて笑いをとることに不快感を示す人は多い。
MCという立場上、場を盛り上げることに心を砕いた結果でもあるのだろうが………ヤンチャのしすぎは要注意だ。