芦田愛菜が通う“偏差値70以上”の名門中学はあそこか?将来はリケジョ女優の可能性「遺伝子に興味がある」

芦田愛菜が“偏差値70以上”の名門中学に合格

interview_01_01


女優の芦田愛菜が、4月から通学予定の「偏差値70以上」を誇る都内名門私立中学校がどこなのか話題になっている。

現在放送中のテレビ東京系「山田孝之のカンヌ映画祭」で芦田は、昨年夏に山田から「カンヌに下見をしに行こう」と誘われた際、「ラジオ体操や夏期講習があるから行けない」と断っていた。

そして、今回の合格発表を聞く限り、どうやら“ガチで夏期講習”だったことが伝わってくる。
一部報道によると、一日12時間もの時間を勉強に費やしてきたともされる芦田。

ネットでは「親よりも稼いだ自分の金で名門校に通うなんてスゴ過ぎる」と称賛の声があがっている。

そして、一番有力視されている学校は、芸能活動が認められているというあの学校だ。



「偏差値70以上の私立中学の数はもともと多くありません。さらに芦田さんが今後も芸能活動を続けていくであろうことを考えると、いちばん有力視されるのが千代田区にある女子学院中学校です。この学校は“女子御三家”と呼ばれるうちの1校で、他の2校と違い唯一芸能活動が許される自由な校風なんです。ちなみに卒業生にはフリーアナウンサーの膳場貴子や馬場典子、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子、女優の吉行和子らがいます。芦田さんは幼い頃から『遺伝子に興味がある』と言っていましたから、高校まで女子学院で学んだ後、推薦枠で東京大学薬学部あたりに進む可能性が高いかと思います」(都内進学塾講師)



女優としてもリケジョとしても期待される芦田。
将来が本当に楽しみである。