テレ東・紺野あさ美アナが結婚報道にブチ切れたワケとは?「アイドル時代のお姫様気質が抜けなかった」

01-60d8a
テレ東・紺野あさ美アナが結婚報道にブチ切れたワケ

01-60d8a


元モーニング娘。のメンバーで、テレビ東京の紺野あさ美アナウンサー(29)が寿退社を発表した。

今年の1月10日、テレ東の公式ブログでヤクルトの投手・杉浦稔大(24)との元日入籍を綴った紺野アナだが、スポーツ報知の記事を読んでブチ切れたのだという。

その理由は何だったのか?



「交際後すぐに同棲して、約1年のスピード婚です。交際は極秘で、昨年紺野がプライベートで、試合観戦に神宮球場を訪れていた時も友人連れでまっすぐ帰宅し“カモフラージュ”。杉浦本人も2人の思い出を『昨年1月に箱根に行ったのが唯一』と明かすほどの徹底ぶりでした」

と明かすのは芸能記者。

結婚発表直後、紺野アナが局内を歩くたびに驚きと祝福の声が投げかけられたというが、そのたびに「事前に報告できなくてごめんなさい」と頭を下げたそうだ。
だが、テレ東関係者曰く、その表情は

「満面のドヤ顔だった」

とのこと。

テレ東局内でも事前に交際と結婚の意思を報告していたのは、アナウンス部長と親しい同僚数名だったという。
その徹底した極秘交際の理由について本人は、

「2股っぽく見られるのはもうこりごりなんだ」


と周囲に語っていたという。
これを意味するのは、2013年12月に広島・野村祐輔(27)との交際報道時の一件だ。

「紺野は、14年3月に体調不良で3カ月自宅療養していました。野村とは会えなかったが、『三嶋クン』と慕う大学時代の交際相手、DeNA・三嶋一輝(26)と連絡を取るようになったのです」(前出・芸能記者)


それは誤解を受けるだろう、とのツッコミは、紺野アナにはどこ吹く風だったのか。

そして、紺野アナが激ギレする事件が待っていた。

結婚報告の翌11日。
出社した紺野アナは、アナウンス部のデスクに座るや新聞に目を通し始めた。
普段新聞など読まない紺野アナのお目当ては、自分の寿報道だ。しかし、「スポーツ報知」の記事を目にした瞬間、

「結婚に関係ないじゃん!」

と怒号をあげたという。そこには、

〈過去には広島・野村祐輔投手(27)、DeNA・三嶋一輝投手(26)との熱愛を報じられたこともあった〉

と書かれていたという。

怒りの収まらない紺野アナについて、あるテレ東局員が明かす。

「報知新聞社の知人に、ラインで猛抗議したんです。『何で昔のオトコのことまで書くの! イヤミ?』といった内容だったようです。抗議を受けた知人は、上司に相談したようですが、紺野のほうは、その日は一日中不機嫌でした」


紺野アナは、1月28日に再びブログで、夫のサポートに徹するためにテレ東を退社すると発表。

「元モー娘。ということで、鳴り物入りで入社しましたが、原稿読みの練習もせず、アイドル時代のお姫様気質が抜けなかった。記憶に残ったのは深夜の本人が踊る番組くらいで、いわば“秘密のまま終わった秘密兵器”、胸をなで下ろすスタッフは少なくない」(前出・テレ東局員)



入社をすることが決まっても、入社をしても、結婚しても、大きな報道にならなかった紺野アナ。
退社後は全力で夫を支えてほしい。
01-60d8a