月9崩壊でフジテレビ内の“戦犯探し”が激化!「いよいよ終わりか?」の声も

西内
月9崩壊でフジテレビ内の“戦犯探し”が激化!

w700c-e_826f2d5c137118ac06a3c13d7746937568c7ad9657499ab4


モデルで女優の西内まりやが主演を務めるフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の第4話の視聴率が6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と月9のワースト記録を出した。
第5話では、さらに6.2%まで下げており、悪い方で話題に。

フジテレビの関係者は、「もはや数字に関しては期待していませんでしたが、中身も散々なので、いよいよ“月9”も終わるんじゃないかと、局内は騒然としていますよ」と話す。

最近の月9ドラマはどれも不評に終わることが多いのだが、その原因は一体どこにあるというのだろうか。


芸能事務所の関係者は、『明日婚』についてこう話す。

「人気モデルと、演技初挑戦となる人気ロックバンド『flumpool』のボーカル・山村隆太を起用したのは話題性があったんですが、その結果、これですからね。世間では、映画『トイレのピエタ』で日本アカデミー賞新人賞を獲り、『君の名は。』の主題歌で『紅白』にも出場した『RADWIMPS』の野田洋次郎のほうがよかったんじゃないかって声もありましたね」


そんな中、局内ではすでに“戦犯”探しが始まっているという。
フジテレビ関係者は、

「問題は、うちの上層部にあるんですよね。みんなそれはわかっているんですけど、どうにもできない。コネ入社で実力のない彼らは、『とりあえず原作モノで』としか指示しません。うちは他局のように小説が売れている作家とのつながりも薄いですし、昔の作品のリメイクばかりやろうとしています。ドラマ作りに強い人が全然いないので、今は東宝や東映、松竹からヘッドハンティングしていますよ。給料をものすごく高く設定しているみたいですが、あまり集まってないようです」


と語る。

この4月には30周年を迎える月9。
ここで生まれ変わる程のヒット作を作るか、それとも歴史を終わらせるかが注目される。
西内