清水富美加の”好きな人”は、KANA-BOON飯田だけではなかった?同世代のイケメン俳優とも交際の噂

清水富美加の”好きな人”はバンドマンだけじゃなかった?

Interview_hrJ38Wnzdb20P66N43WJuQWwQbDu2gv1_3


宗教団体「幸福の科学」に出家することを発表した女優の清水富美加(22)。

そんな彼女の男性関係について、2月23日発売の『女性セブン』(小学館)が報じている。
記事では17日に発売された清水富美加の告白本『全部、言っちゃうね。』(幸福の科学出版)の内容について解説し、赤裸々な言葉が多数綴られている著書の内容や、所属事務所が事実と異なると主張していることなどを伝えている。

またその著書の中で綴られた「悩みの種だった好きな人」が、ロックバンド・KANA-BOONのベーシストをつとめる飯田祐馬(26)であることについても触れられた。
さらに既婚者である飯田とは、一時期不倫関係にあったということも伝えられているが、清水には飯田とは異なる、新たな「好きな人」がいたとされる。

それは一体、誰なのだろうか?


その人物は、清水と同年代の若手俳優A。
ふたりは2014年頃に交際していたと言われているが、交際期間は1年間と短いものだった。
若手俳優はかなりのイケメンだったことから、破局後に清水が

「イケメンはもうこりごり」

と話したこともあったとされる。
はじめは出家騒動のみにしぼられた焦点だったが、現在は意外な方向性に関心が向いている。

芸能関係者は、不倫を告白した飯田の事務所についてこう話す。

「突如として話題にあがった飯田の事務所では、対応に追われている状態です。飯田の今後の活動等に関しては協議中としていることからも、バタバタしている様子が伺えます。とはいえ、混乱を避けるため飯田に関しては公式サイトで早々に謝罪文を発表し、清水との関係自体も既に切れている状態です。ファン達の間では飯田の脱退なども懸念されていましたが、そうした可能性も低いようです」


その一方で、今後矢面に立たされることになりそうなのが、『女性セブン』が報じた俳優Aだとされる。
この報道により一部の芸能事務所では、ざわつきを見せているという。

「突如として俳優の名前が挙がったため、若手俳優を抱える事務所ではその特定を進めるところもあるようです。とくに事務所が懸念するのは、今後のドラマなどのキャスティングです。飯田の場合は不倫問題も絡んでいたため話題になりました。清水と同年代の若手俳優となれば、不倫の可能性はほとんどないでしょう。しかし、イメージを気にするスポンサーの顔色をみて、撮影開始後に明るみなれば場合によっては撮影のし直しに発展しかねません」(前出・芸能関係者)



代役や違約金の問題など、解決してない事案が山積している清水。
全てを捨てた彼女はすっきりしているかもしれないが、その後始末を押しつけられた周囲はたまったものではないだろう。