ONE OK ROCK・Takaのインスタ“問題発言”の裏にあった驚愕ストーカー事情!!「ファンがヘリコプターで追跡してくる」

ONE OK ROCK・Taka、”問題発言”の裏にはストーカーのファン?

oor-main-thumb-700xauto-34254


人気ロックバンド・ONE OK ROCKのボーカルをつとめるTakaが1月、海外公演での日本人ファンのマナーに苦言を呈したことが物議を醸した。

しかし、だんだんその“真意”が明らかになりつつあるという。
なんと、彼らをヘリコプターまで使って追跡してくる、驚愕の追っかけが存在するというのだ。


バンドの関係者は、その追っかけについてこう話す。

「中年女性5~6人の追っかけグループが、関係者しか知らないはずのメンバーの行き先に先回りしたり、急な予定変更で移動したときには、ヘリコプターを調達してまで追っかけてきたことがあった」


音楽活動をしているグループには、熱狂的なファンが多いことは多い。
ワンオクも当然、熱狂的なファンは存在するわけだが、過去に例のないレベルの追跡力にはメンバーのみならず、スタッフらも恐怖心を抱いたことだろう。

取り上げられたTakaの問題発言というのは、インスタグラムへの書き込みだった。

「最近、日本のファンに対して、、ちょっとどう接していいかわからなくなってきちゃった。朝疲れた状態でバスから降りればそこには日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて みんな毎日ちょっとシンドイ思いしてます」

「ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色。。。日本人同士なのにわかってくれないのかなって」

「なんのために海外で毎日頑張ってるのかわからなくなっちゃうし、ルールなんか作りたくないからもう少し考えてほしい。。。僕らが海外でライブをする意味を!普段会えないから会いに行く場所ではないから!」(いずれも一部抜粋)


熱狂的なファンが、有名人の宿泊先などにまで押しかけてくることはよくある話だ。
Takaの一連の書き込みも、はじめは単なる愚痴と思われたために、彼が叩かれることもあった。

ただ、問題なのは「ライブがはじまれば最前列はいつも同じ景色」という部分で、ファンがステージ外まで追っかけていくのはマナー違反でも、最前列の席を確保することに問題があるわけではない。
そのため、その顔ぶれが同じであることへの批判に、議論が巻き起こったのだ。

海外公演も頻繁に取材する洋楽雑誌のライターは、

「そもそも最前列の顔ぶれが同じなのは、海外公演でのチケット購入の競争率が高くないということ。アメリカの人気バンドのコンサートでは、最前列のチケットは関係者やチケットショップが早々に押さえてしまうのが通例で、ショップでは定価の倍以上の額で売られます。そのため『最前列はいつも同じ景色』なのは、そこまでのブレークに至っていないということでもあるんです」

と語る。

しかし、バンドの関係者によると、Takaが苦悩していたのは”奇妙な中年女性のグループ”の存在だという。

彼女たちはかなり資金力があるようで、最前列を買い占めてしまう。Takaさんの言葉は、一般のファンを気遣ったものだったはず。実は一部メンバーの携帯にまで、そのグループと思われる女性からメールが届いたり、最初は3人だったのが、5人、6人と増えていったことが、バンド側を気味悪がらせていたんです。ただ、それでもファンはファン。特定のファンを非難するわけにはいきませんから、Takaさんは『一部の人達なんだけど、最近はその一部があまりにも多いって話なんだよね!』と気を使った書き方をしたんです。悪気はないですよ」(前出関係者)


追っかけの域を超えた存在に、Takaらが戸惑っていたのは関係者間では知られた話だという。
最新情報ではそのメンバーが8人に増えたという説や、

「そのうち48人組になったら、OOR(ONE OK ROCK )48と呼ぼう」


など、ワンオクメンバーからすればまったく笑えない冗談まで出ているそうだ。

Takeのインスタ発言は、応援してくれるファンにありがたみを感じないバンドマンの失言のように思われていた。
だが、明らかに一線を越えるような行動をしてくる人間は誰だって怖いだろう。
それも人気ゆえ、と言ってしまえばそれまでだが、バンド側も安心して演奏できる環境は大事だ。