堀北真希、”衝撃引退”の裏に親密すぎる「嫁姑関係」?所属事務所がおもしろくない理由とは

maxresdefault
堀北真希、”衝撃引退”の裏に親密すぎる「嫁姑関係」?

maxresdefault


衝撃の”交際0日婚”から1年8か月が経過した。
昨年12月に第1子を出産し、ママとしての活躍も期待されていた女優の堀北真希(28)が、突然「引退」を発表した。

芸能界に未練を残すことなく引退を決めた彼女に、「山口百恵さんを思い出しました」(スポーツ紙記者)という声もあがるが、昨年から引退が相次いでいる芸能界。
違法薬物使用疑惑の成宮寛貴(34)、不倫疑惑の江角マキコ(50)、宗教団体への出家を発表した清水富美加(22)に続くこの急展開には、やはり“伏線”があったようだ。


ある芸能関係者は、

「この春で現在の所属事務所との契約が切れて継続はしないということをもっての引退報道ですが、まぁ、ちょっと、円満とはまず言えないようですよ」

と声をひそめる。
確かに、稼ぎ頭の堀北を失うことは勿体ないだろうし、まだまだ活躍してほしかったとの気持ちもあるだろう。
だが、この人物が指摘するのは「堀北と姑の関係」だという。
ただし、それはよく言われる嫁姑問題とは少し違って、ふたりがあまりに親密すぎるがゆえの問題だとされている。

それはどういうことかというと………。

「堀北さんがいま一番信頼するのは、お姑さんなんです。夫・山本耕史さん(40才)のお母さんは個人事務所社長で、ステージママとしても知られた豪腕ママ。堀北さんは実の母のようにかわいがってくれて、仕事の良きアドバイスもくれるお姑さんのことを大変慕っているんです。それは中学生の時から堀北さんを育ててきた事務所にしてみればおもしろいはずがないですよね。そのあたりが原因で、堀北さんは、山本さんとの結婚が決まってからずっと所属事務所とギクシャクしていました」(前出・芸能関係者)



これまで、優等生タイプの堀北は、アイドルグループ・嵐の櫻井翔(35)と噂になったことはあるものの、山本の前に正式な熱愛報道などのスキャンダルは一度も出たことがなかった。
しかし、堀北もそれゆえに思い悩むことがあったのだろう。

「かなり真面目なタイプですからね。でも、事務所の同僚の黒木メイサさんは、堀北さんとはまったく違うタイプで、ご存じのように派手な交際が次々に出ていました。でも、だからといって仕事に支障が出ることもなかった。そうなると、堀北さんとしては、じゃあ、私が真面目にやってきたことって一体何だったんだろうってことになりますよね・・・。そういう不満がくすぶっていたときに、山本さんにプロポーズされ、お姑さんと親しくなっていったわけです。

 結婚の発表も、出産を山本さんの親友の香取慎吾さんの番組で明かしたのも、お姑さんのアドバイスがあったと聞いています。所属事務所は感知していなかったそうですよ」(前出・芸能関係者)



堀北の子供は、現在生後3ヶ月になる。
家庭に専念するという大きな決断をした彼女は、「素晴らしい14年間をありがとう」というメッセージを残して芸能界を引退した。

maxresdefault