松田聖子が豪邸から姿を消した理由とは?妻子持ちの男性と略奪愛で再々婚!母親の注意にも「誰が食わせてやってるんだ」

gallery-4
松田聖子が豪邸から姿を消した理由とは?

gallery-4


2012年6月に、妻子持ちの歯科医(53)を略奪、再々婚した女優の松田聖子(54)。
彼女は東京・成城の豪邸で暮らしているはずなのだが、それがいつの間にかもぬけの殻になっていると伝えられ、久々に時の人となっているという。

一体、なぜ彼女は豪邸から姿を消したのだろうか?


この背後に見え隠れするのが、かつて聖子と同棲を噂された11歳年下の専属マネジャーだ。
聖子は新しい夫と結婚後も、マネジャーとの関係が怪しまれていたのである。
彼女のこうしただらしない姿に業を煮やした母親が注意したところ、聖子はマネジャーを連れて、母親ら家族で経営する自らの個人事務所を飛び出し、新事務所を設立したという。

デビュー当時から聖子を取材している、ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が言う。

「私も成城に行ってみたのですが、確かに夫妻の姿は見られなくなっていましたね。聖子が今どこに行って、誰と行動を共にしているのか、まったくつかめていません」


聖子が不倫や略奪愛、複数の相手との同時交際などのスキャンダルで芸能マスコミを騒がせるのは、今にはじまったことではない。
とはいえ、3月には55歳になるというのに今もスキャンダラスな話題に包まれているというから穏やかならざる空気だ。

聖子には娘でタレント・神田沙也加(30)との不仲説もあるが、こんな母親の私生活を間近で見てきたとすれば、愛想を尽かしても仕方がないと言える。

青山氏がこう続ける。

「要するに、聖子の本性は男なんですよ。明治時代の専制君主、一代で財を成し、妾を何人も囲って、それを当然だと思っているような。お母さんやスタッフに文句を言われても『自分が食わしてやってるんだ』と聞く耳をもたず、悪びれることもない。ですから今も、これからも好き勝手にやれるのだと思います」


あまりにも傍若無人な振る舞いをすれば、ファンであっても離れていく要因になりうる。
しかし、聖子のファンは彼女の元を去ることなく、高額なディナーショーに通ってくれるのだという。

「主にバブル世代の女性とオカマさんという固定ファンですね。彼女らは、好きに生きる聖子を、自分にはできないこと、成し得なかったことをやっていると仰ぎ見て、憧れている。フリークのような存在なのです。中森明菜のファンが明菜が心配で、自分たちが支え守ってあげたいと思っているのと対照的。今回のことでも、結果的に聖子はファンを喜ばせているでしょうね」(青山氏)



「母親」や「妻」という立場より、「女」である自分の幸せが最優先の聖子。
今も、一番愛する人とふたりで過ごしているのかもしれない。
gallery-4