嵐・櫻井翔がテレ朝・小川アナを“真剣”交際の相手に選んだ理由「俺は嵐でいることより、慶応生でいることの方が誇り」

櫻井翔
櫻井翔が小川アナを“真剣”交際の相手に選んだ理由

like_image


『週刊ポスト』による、国民的アイドルグループ・嵐の櫻井翔(35)とテレビ朝日アナウンサーの小川彩佳(32)の熱愛報道は、未だに続報が出続けている。

『週刊女性』(主婦と生活社)では、小川アナが生特番出演のために出社した際の様子を詳しく伝えた。
この日、特番出演のために出社した小川アナは同僚局員からイジられつつも肯定も否定もせず、はにかんだ笑顔で対応。深刻な表情ではなかったという。

テレビ局関係者はこんな話をする。



「一方のジャニーズ側も、所属タレントの熱愛報道に対して異例のコメント発表。『親しい友人の一人』としているが、これこそ公認を裏付けるものではないでしょうか。櫻井は義理堅い性格で知られ、今回の報道に関しても事前にジャニーズ幹部に報告していたとも言われている。混乱を避けるためということもあるが、それよりも明確に、”真剣な交際をしている”と伝えた可能性も浮上しています。ポストの11日間の密着取材によれば、小川の誕生日には都内の高級ホテルで一緒に祝い、仕事を終えた小川を車で出迎えたりと、櫻井の真摯な態度が目立つ。櫻井は日テレ系の『NEWS ZERO』のキャスターで、小川が担当する『報道ステーション』とは裏番組のライバル関係にあるわけですが、そのようなテレビ局としての事情は関係なく、テレ朝社内は大物ジャニーズタレントとの交際を応援するムードです」


小川は幼少期をアメリカで過ごした後、青山学院大を卒業。テレ朝入局後は報道番組を担当し続けてきた。
ドナルド・トランプ米大統領(70)の就任時は現地でリポートするなど、知性派の印象が強いことで知られる。
また、テレ朝会長のお気に入りともいわれており、入社以来、バラエティ番組などのいわば”ヨゴレ仕事”を免除されてきた経歴を持っている。
小川の父親は慶応大医学部の教授で、慶応病院の診療部長を務めている。小川の弟も医学部に在学中というサラブレッド一家だ。

一方の櫻井も、それに引けを取らないエリート家系に生まれていることは周知の事実。
過去には、そのことであまりよろしくない発言をしたこともあった。

「櫻井は幼稚舎からの慶応ボーイで、父親は総務官僚という一家で育ちました。元スタッフの告白本で『俺は嵐でいることよりも、慶應生でいることのほうが誇りだ』との過去の発言が暴露されたこともあるように、自分自身にかなり誇りを持っている面がある。最近では嵐の他メンバーがセクシー女優と噂になっていることに嫌悪感を示しているとも。学歴も家柄もある彼にとって、小川は恋人として十分な条件を備えていると言えるでしょう」(前出・関係者)



嵐ファンの中でも、小川の家系や人柄などを評価し、「小川アナのような人であればOK」と交際を見守っているファンも多い。
果たして櫻井は、嵐初の”既婚者”となるのだろうか。
櫻井翔