18歳なのにもう”劣化”扱い!?橋本環奈、NGの多さに関係者も辟易

橋本環奈、NGの多さに関係者も辟易

616de245f67c5c6f25d17470c9bd21a9


女優の橋本環奈(18)が主演を務める映画『ハルチカ』が、3月4日に公開された。
昨年に主演をつとめた映画『セーラー服と機関銃-卒業-』では、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞した橋本。
7月にも映画『銀魂』の上演を控え、女優としてのキャリアを着実に積み重ねており、自身が所属しているアイドルグループ「Rev.from DVL」が、今月末を持って解散することも発表されるなど、話題に事欠かない状態だ。

そんな中、ネット上では橋本の容姿に対する“劣化”が囁かれているという。
そうは言っても彼女はまだ18歳。なぜ、そのようなことが噂されているのだろうか。



「仕事でのストレスが関係しているようです。アイドルらしい清純なイメージを壊さないよう、発言から行動、仕事内容まで大人に“管理”されているのが実情。それが大きなストレスになり、体重の増減や肌質の悪化に影響している。とはいえ、年齢的にもまだ10代なので”劣化”という言葉は当てはまらない。正確には変化、成長といった言葉がふさわしいでしょう」(芸能関係者)


もともと橋本がブレイクしたきっかけは、Rev.from DVLでのパフォーマンス中の写真だった。
撮影者が「奇跡の1枚」として投稿した写真が瞬く間に話題となった橋本だが、このところアンチファンを中心に、「なんだかムチムチしてきた」「1000年に1人…ではないな」といった辛辣な相次いでいる。
先月18歳の誕生日を迎えたばかりの橋本だが、まだまだ体つきには変化がある年頃に変わりない。
そのため「少女」から「女性」に変わる成長段階だという指摘もある。

アイドルとして売り出されたタレントの場合、これまでにも過度な事務所管理によって、心身のバランスを崩すケースは度々あった。
それは橋本も例外ではなく、『ハルチカ』のプロモーションでは、取材陣に対して敷かれた「橋本のNG事項」の多さに多くの関係者が困惑していたという。
彼女にはとにかくNGワードが多いそうだ。

「たとえば、本人に取材したり、事務所の協力を得るパブリシティー記事のみならず、公式な会見で記事にする場合、『Rev.』や『アイドル』という肩書を使用することは絶対にNGです。さらにこれまでさんざん使用されてきた『1000年に1人』や『奇跡の一枚』という単語も使用禁止に。そこまで縛られたら橋本を記事にするときに苦労する。大人側の事情としてはアイドルから女優に完全にシフトチェンジを図りたいようですが、こうした”NG”はやり過ぎという声が噴出しています」(前出・記者)


今回の主演映画『ハルチカ』で橋本と共に主演をつとめたのは、ジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利(20)だ。
ジャニーズタレントということで佐藤の方がNG事項が多いイメージがあるが、こちらは特になしだったという。

「佐藤は真面目で謙虚な人柄なので、マスコミ関係者からも評価されている。それだけに、なおさら橋本の規制の多さが印象づいてしまい、記者間では不満の声が噴出した。橋本にとって大事な時期だとはいえ、あまりに過剰な縛りはメディア関係者のあいだにもアンチを生んでしまう恐れがある。それもまた本人にストレスになってしまったら不幸なことです」(前出・記者)



まだまだ活躍が期待されている橋本。
うまくストレスを発散しながら頑張ってほしいものだ。