西内まりやの月9ドラマが”最低視聴率を更新”でも「絶賛の声」と言われる怪現象 その理由は?

西内まりや
西内まりやの月9ドラマ、なぜ「絶賛」の声と言われる?

w700c-e_388b634091bba72feddca1e114637160488766c36b35e3df


フジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で、初の主演を演じる歌手で女優の西内まりや(23)。
同ドラマは当初、ロックバンド・flumpoolの山村隆太(32)初の俳優出演作ということで話題を呼び、西内も予定していた海外留学を先延ばしにしてこの大役に挑んだというのだが……。



「注目を集めはしたものの、肝心の視聴率は回を重ねる毎に低迷していきました。1話目は8.5%でしたが、5話目になると月9ドラマ史上最低となる6.2%を叩き出します。その時点でかなり話題になっていましたが、6話目はその数字を下回る5.0%という結果でさらに記録を更新。番組の内容よりも、視聴率が話題になるという悪循環に陥っていました」(スポーツ紙記者)


これまで主演を務めるも、大きな話題となることが少なかった西内が月9で大抜擢されたのには、フジテレビならではの裏事情があるようだ。
元々フジテレビの月9と言えば、1993年放送の『ロングバケーション』や2001年放送の『HERO』など数々のヒットドラマを生み出した時間帯で知られている。
しかし、過去の栄光も空しく、最近では視聴率が低迷。人気の役者に出演オファーを出しても断わられることが多くなり、そんな中で女優としてまだ場数の少ない西内に白羽の矢が立ったという経緯があるのだ。

そんな西内には、一部で擁護の声が上がっているのだが、奇妙なことに最低視聴率を叩き出すと同ドラマを擁護する記事が散見されるようになった。
それはなぜなのかというと………。

「10〜20代の若い女性が、視聴率には反映されない録画で視聴し、支持しているようなのです。西内はモデルとして若い女性に絶大な支持を得て、そこから女優や歌手として芸能活動の幅を広げていきました。そんな彼女を目当てにドラマを見る層は、確実に存在しているのです。ただ裏を返せば、10代、20代の女性層以外には共感されていない。月9といえばフジテレビのドラマ看板枠。その枠で放送される番組が、一部の層にしか受け入れられていないということ自体に危機感を覚える必要があるのは確かでしょう」(前出・記者)



今後も視聴率が下がり続けることがあれば、西内は日本を離れるために保留になっていた海外留学を決行するのではないかという噂も広がっている。
いずれにせよ、もう7月期の月9の話が出ているだけに、『明日婚』は既に見放されていると言っても良いのかもしれない。
西内まりや