松田龍平の妻・太田莉菜は姑の美由紀に悩んでいた?「“役者の嫁でいること”の持論を説いた」

松田龍平
松田龍平の妻・太田莉菜は義母の美由紀に悩んでいた?

w700c-e_a827d5c188e64ca6a881122454060a4222312b5b94aec5e9


2009年1月に結婚し、同年7月に第1子となる長女を出産したモデルで女優の太田莉菜が、夫で俳優の松田龍平と別居中であり、2人は離婚する意向まであることが一部メディアで報じられた。

しかも太田は、7歳になる娘を置いて出て行った上に、若手俳優との不貞疑惑まで持ち上がったのだ。

ここまで見ると、太田が母親として最低の人間であるかのような印象を受けるが、では龍平には何の非もなかったのかといえば、そうではないらしい。


離婚の件に関して、龍平にも「亭主関白だった」「DV夫だった」「休日はゲーム三昧」などの証言があがっている。
他にも、太田は姑に当たる女優の松田美由紀との不仲を報じられることに。

これら報道の真相について、芸能ジャーナリストはこう話す。

「まず、姑との不仲ですが、太田が美由紀を疎ましく感じていたのは否めません。龍平は、皆が知るところの名優・松田優作の長男。美由紀は夫の俳優としての才能をこよなく愛し、尊敬していました。ですから、太田にも“役者の嫁でいること”の持論を説いたと言われています。家でゲームばかりしていても、嫁に我慢しろと言うこともあったでしょう。また、かなり感情の激しい方なので、嫁に対する口調も、きつかったかもしれません。

ただし、DVに関しては疑問ですね。優作は躾に厳しい父親として知られていましたが、激しい暴力を振るうことはありませんでしたし、龍平が暴力的な性格とは聞いたことがありません」


さらに3月12日、これまで沈黙を守ってきた龍平は自身のインスタグラムに、

「僕の大切な人であり、逞しい母です。#太田莉菜」


と、太田の笑顔の画像とともに投稿した。

離婚の噂を一蹴するための投稿だったのか、それとも、別れることになったけれど大事な人だと伝えたかったのか…。
メッセージの真意が問われる。
松田龍平