認知症男性JR事故死問題。最高裁で家族側が逆転勝訴!

jr

様々な議論で波紋を呼んでいたJR事故問題で家族側の逆転勝訴が決定しました。

愛知県で91歳の認知症の男性が電車にはねられて死亡した事故の賠償責任が家族にあるかどうかが争われた裁判で、最高裁判所は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」として、家族の賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。
平成19年、愛知県大府市のJR共和駅の構内で認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海は振り替え輸送にかかった費用などの賠償を求める裁判を起こし、1審と2審はいずれも家族に賠償を命じていました。
1日の判決で最高裁判所第3小法廷は「このケースでは家族が認知症の男性を監督することが可能な状況ではなかった」と指摘して、家族への賠償責任を認めず、JRの訴えを退ける判決を言い渡しました。
今回の裁判では、高齢化が進む中、認知症の人が起こした事故の責任を家族がどこまで負うべきなのか、最高裁の判断が注目されていました。


出典:NHK


介護という難しい問題を含んだ本件でしたが、ネット上では逆転勝訴に喜びの声が多数あがっております。