冨田真由さん容態最新情報!2週間ぶりに意識回復!!首付近の傷が特に深かったが、心臓など内臓への損傷は免れていた。

冨田真由さん容態最新情報!! 意識回復♪現在は容態が安定期に。

2016年5月21日。日本を震撼させた冨田真由さんの事件。
待ちに待った朗報が飛び込んできました!


心肺停止をして、容態の状況が判らなかったが、2週間たった現在、ようやく意識回復したとニュースが入った。

東京都小金井市で、アイドル活動をしていた亜細亜大3年、冨田真由さん(20)が刺された事件で、重体だった冨田さんの意識が回復していたことが7日、複数の関係者への取材で分かった。警視庁は冨田さんの容体が安定し、医師らの許可が得られ次第、事件当時の状況などについて話を聴く方針。

関係者によると、冨田さんは3日ごろに意識を取り戻した。事件発生以降、都内の病院の集中治療室(ICU)で治療を続けており、意識が回復するのは約2週間ぶり。

冨田さんは首や胸など20カ所以上をナイフで刺されており、首付近の傷が特に深かったが、捜査関係者によると、心臓など内臓への損傷は免れていたという。


http://www.sankei.com/


とにかく命があって良かったです!!
後はどうか少しでもダメージから回復されることを祈るばかり。。。

目立つ傷が少なければ良いのですが...?


事件は5月21日午後5時5分ごろ、冨田さんからの110番通報で発覚。



警視庁の通信記録に「(ライブ会場に)入れませんよ」という声と、その後の「きゃー、助けて」という叫び声が残っていた。

岩埼友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑などで送検=に会場近くで声をかけられ、通報した直後に襲われたとみられています。

岩埼友宏容疑者

東京地検立川支部は岩埼容疑者の鑑定留置を申請。
専門家による精神鑑定を実施し、事件当時の刑事責任能力の有無を調べている。

ネット上では、「これでは罪に問われない可能性がでてきた!」と話題になりました?

事件をめぐっては、警視庁が冨田さんからの事件前の相談をストーカー被害と認識しなかったほか、過去の類似相談が共有されていなかったことが判明。
警視庁は対応に問題がなかったか検証を進めており、近く公表する方針だという事です。