しゃべくり007を途中で退場!!ネプチューン・ホリケンに囁かれる重病説とは?

ホリケンの重病説

maxresdefault


人気お笑いトリオ・ネプチューンの“ホリケン”こと堀内健。
いつも子供のように弾けるような笑顔と元気で、お茶の間に笑いを届けてきた。

そんな彼に、「重病説」が囁かれている………。


しゃべくり007を途中退場

34ro24dgfdwk_main_1475671013


以前から、ネットで検索ワードに「ホリケン」と打ち込むと「病気」「顔色」といった予測ワードが並ぶようになった。

そしてこれが、事実なのではないかと思わせる出来事が起きた。

ホリケンがレギュラー出演している日本テレビ系のバラエティ番組「しゃべくり007」の10月3日
放送回を途中で退場したのだ。

テレビ誌のライターは話す。

「ホリケンの青黒い顔色は『肝臓や腎臓を患っているのでは?』との憶測が飛び交っています。病気であることは公表されていませんが、あの顔色は心配しても当然なレベルでしょう」



一方で、皮膚科医からはこんな話も出た。

「堀内さんはアトピー性皮膚炎ではないかと言われ続けています。アトピー性皮膚炎は場合によって皮膚が青黒く見えることもあるんです。さらに季節の変わり目は病状が不安定になることがあり、現在のように秋の長雨が続き、気温の変化が激しいとかゆみが激しくなるのはよくあること。人によってかゆみの度合いは違いますが、しゃべることも困難になるほどの人もいます。堀内さんもかゆみのせいで途中降板したのかもしれません」



人気タレントであれば、休みなく働き、自らの身体を顧みることもあまりできない
かもしれない。
その無理がたたって、ほんの少し体調を崩しただけなのであれば良いが、今後も
ホリケンがテレビ番組に出演している際は、顔色まで見てしまいそうだ。

早く復活して、いつもの弾けるような笑顔を見せてほしいと願ってやまない。