小渕のみならず、黒田まで…”不倫報道”で揺れるコブクロが公式サイトで『重大発表カウントダウン』!ファンは「解散発表か?」と震えるが…

謎のカウントダウン

8222567f070881a541cb0590f48eef55_content
出典:Team KOBUKURO


今月20日発売の「週刊新潮」(新潮社)でコブクロ・小渕健太郎の不倫が取り沙汰され、さらに一部では相方・黒田俊介にもキャバクラ嬢との怪しい疑惑が伝えられるなど、ファンに衝撃を与えている。

そして、これとほぼ同じタイミングでコブクロのオフィシャルファンサイトには「ファンの皆さまへ重大発表!!」という“謎のカウントダウン”が設置され、ネット上では「まさか解散や休業!?」と注目を集めている。

なんとも慌ただしいコブクロの周辺だが、関係者によると次のような答えが返って来た。


news_header_kobukuro_art201603


「カウントダウンと不倫報道はまったく関係ない。しかし、コブクロとその周囲は確実に追い詰められています」



ひとまず、解散ではないということに胸をなでおろすファンもいるだろう。
では、発表の内容は何なのだろう。

「まず、カウントダウンで発表されるのは、コブクロのCM出演です。20日から放送が始まったロッテ『ガーナ』のCMに、彼らの最新アルバム『TIMELESS WORLD』(6月15日発売)の収録曲『tOKi meki』が起用されていますが、こちらに2人も出演するようです。発表となる24日は、コブクロが現在開催中のコンサートツアー『KOBUKURO LIVE TOUR 2016 “TIMELESS WORLD”』の東京・日本武道館公演の日で、ここでメンバー自ら発表する予定だといいます」(広告代理店関係者)



しかし、今回の不倫報道のタイミングと重なってしまっただけに、ネット上では「嫌な予感……」、「解散発表も有り得る」、「あんな報道出ちゃったから、どうしても悪い方向に考えてしまう」などと、ファンを中心に不安が広がっているようだ。

「せっかくのおめでたい発表やカウントダウンというサプライズ的な演出も、この状況下では失策だったと言わざるを得ません。不倫を信じたくないファンからも『意味深なカウントダウンのせいで困惑する』といった声が出ています。広告代理店・電通もCMへの悪影響を考慮して、各テレビ局に『不倫報道については一切触れないで』とお願いして回っている状況ですよ」(同)



だが、そんな電通も今現在、社員の過労自殺問題の渦中にあり、本来なら他者のフォローをしている場合などではないだろう。

「コブクロの出演が決まった『ガーナ』のロッテグループも、昨年から経営権を巡るお家騒動でゴタついていますね。さらに、コブクロの所属レーベル・ワーナーミュージック・ジャパンも、つい先日元社員が不当解雇を訴え、訴訟に発展しかねない状況。まさにコブクロ周辺は、全方向へ向けて不穏な雰囲気を漂わせています」(同)



現状、報道に関してコブクロサイドからは何のコメントも出されていない。
今までが誠実なイメージの強かったコブクロのスキャンダルだけに、ファンを一刻も早く安心させてほしい。