さんま“表と裏”違う加藤綾子アナに「カチンときた」ことを告白 「罵りすぎてオンエアされなかった」って、何があったの!?

きっかけは、「誕生日プレゼント」

cached


明石家さんま(61)が、加藤綾子アナウンサー(31)をテレビ番組で「罵りすぎて」オンエアされなかったエピソードを披露した。

さんまは先月10月29日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で、出演者のモーニング娘。工藤遥が27日に17回目の誕生日を迎えたことを話題にした。
共演者のモー娘。飯窪春菜から前日の夜に連絡を受けたそうだが、「1週間前に言ってもらわな、(プレゼント)買われへんやんか」とプレゼントを用意できなかったことを申し訳なさそうに話した。

さんまは普段から誕生日を迎える相手に「何が欲しい?」とあらかじめ尋ねてからプレゼントを用意するという。
工藤は「自分で何が欲しいってあんまり言わなくないですか?」と語ったが、さんまからはこのプレゼントの件で、加藤アナを激しく罵ったことを告白した。


maxresdefault


さんまは加藤アナからは、毎年「これが欲しい」という要望がLINEで送られてくるという。
しかしさんまは、

「この間、テレビでね、本番中に『男の人にプレゼント、おねだりしたことありますか?』っていう質問で、加藤が『私、そういうこと言えないタイプなんです』って言うたから、そこはさすがにさんまちゃん、カチンときた」
「『ちょっと待て』と罵ってやった。あんまり罵りすぎてオンエアにならなかった」



と、“表と裏”が違う加藤アナの姿を暴露。
さんま自体は笑いながら話していた為、決して怒り心頭だったわけではないだろうが加藤アナの違った一面が見えた気がした。