料理・洗濯は夫、掃除は業者…観月ありさが「16億円豪邸生活」で失った“代償”とは?

%e8%a6%b3%e6%9c%88
誰もが羨む”セレブ婚だったが…
image

2015年3月に、建設関連会社代表取締役社長・青山光司氏と結婚した女優の観月ありさ。
青山氏は、年商およそ150億円のグループ企業を率いるトップとあって、婚約指輪は”1億円越え”、結婚指輪に至っては”シャネルの特注品”といわれ、そのお値段は3億円とも5億円とも伝えられている。
観月にとっては“超セレブ婚”となったわけだ。

それだけではない。今度は新居の建設だ。
その場所は、都内の高級住宅街のおよそ600平米の敷地に建てられる予定だという。3階建てで、延床面積はおよそ900平米。
総額16億越えの豪邸と言われている。

ここだけを見れば、「羨ましい」という言葉だけで済んだだろう。
だが、観月が今年の7月22日に放送されたフジテレビ系「ダウンタウンなう」で新婚生活を赤裸々に語ると、様相が一変した。


スポンサードリンク

%e8%a6%b3%e6%9c%88