ディーン・フジオカ号泣会見の裏で、報道陣に異例の要請と鉄壁なマネジメント

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%80%80%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%8b%e3%82%99%e6%9d%a5%e3%81%9f_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a22
『あさが来た』で大ブレイクのディーン・フジオカ
%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%80%80%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%8b%e3%82%99%e6%9d%a5%e3%81%9f_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a22

昨年9月から今年4月にかけ放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役で大ブレイクした俳優、ディーン・フジオカ。
今年は民放の連続テレビドラマ2本、NHKの単発ドラマ1本、さらに出演映画も公開され、CM出演も今年に入り激増している状態。
この飛ぶ鳥も落とす勢いの人気の裏には、福山雅治を“日本一撮られない男”にさせた所属事務所アミューズの超優秀かつ鉄壁なマネジメントがあるようだ。

フジオカはブレイクした時点ですでに妻子がおり、そんな家庭を大事にする面もフジオカの人気上昇の要因にもなった。
妻は2歳年上の中国系インドネシア人で、男女の双子の子どもがいることなど私生活をオープンにしてきた。
そして先月10月下旬には、妻が第3子を妊娠したことを発表したばかりだが、ここでもアミューズの極めて繊細なマネジメントがうかがわれたという。


スポンサードリンク

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%95%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%aa%e3%82%ab%e3%80%80%e3%81%82%e3%81%95%e3%81%8b%e3%82%99%e6%9d%a5%e3%81%9f_-_google_%e6%a4%9c%e7%b4%a22