PUFFYが紅白初出場!! やむなく断念の1996年以来悲願…「ようやくタイミングが合いました」

puffy
PUFFY、紅白初出場!!

puffy


デビュー20周年を迎えたPUFFYが、NHK紅白歌合戦に初出場することが23日、分かった。

デビュー以来、大ヒット曲を数多く持つふたりだが、記念イヤーを国民的番組のステージで締めくくることになり、関係者の喜びの声をあげている。


「ようやくタイミングが合いました」

ph_main01


1996年にデビューしたPUFFYは20周年をむかえる今年、精力的に音楽活動を行ってきた。
4月にはベストアルバム「非脱力派宣言」を発売。さらに海外公演を含む、大規模な20周年記念全国ツアーを行ってきた。

ふたりにとって紅白出場は、ある意味で“念願”だった。
1996年に井上陽水作詞、奥田民生作曲のシングル「アジアの純真」でデビュー。
個性的な歌詞とキャラクターが若い女性を中心に圧倒的な支持を受け、同年だけで110万枚を売り上げる大ヒットを記録。
同年の2作目シングル「これが私の生きる道」も発売数週間で120万枚を突破するなど一大ブームを起こしたほど。

当然、紅白初出場が確実視されていたが実現しなかった。
実は1996年夏前までにTVK(テレビ神奈川)の年越しライブイベント出演が決まっていたのである。その会場はNHKホール近くの東京・渋谷公会堂だったが、イベントの司会も担当するため、スケジュール調整がつかず熱烈なオファーを受けながらも、出場を断念せざるを得なかった。

同局関係者は紅白出場の発表を受け、こう語る。

「出場がなかったのはタイミングが合わなかっただけ。記念イヤーにふさわしく、音楽活動も盛り上がっている。実績はもちろん知名度も抜群。ようやくタイミングが合いました」



初出場の紅白で、PUFFYはどのようなパフォーマンスをするのか。
年末が楽しみである。
puffy