華原朋美がカラオケバトルに出演するも、冒頭から号泣…「小室さんの時と同じ目」指摘相次ぐ

歌うま素人の失恋ソングを聴いて、号泣…

news_header_kaharatomomi_art20140811


“急性ストレス反応”で活動休止中の歌手・華原朋美が、23日放送のテレビ東京系特番『THEカラオケ★バトル U-18歌うま大甲子園 2016王座決定戦 4時間SP』に出演。

歌うま素人を見守る目つきが「やばすぎる」と話題になっている。


「小室さんの時と同じ目つき」と話題に

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-11-25-16-03-56%ef%bc%89


”応援アーティスト”として出演した華原は、番組前半部分に出ずっぱりだった。

トップバッターの男子高校生が、男女の別れを歌った辛島美登里の名曲「サイレント・イヴ」を披露し始めると、それを見た華原は早々に号泣。
司会の堺正章から「コメントをお願いできませんか?」と求められても、口元を押さえながら頷くばかりで、なかなか言葉が出ない様子。
その後も、出場者と堺がトーク中にもかかわらず、横から突然「100点!」と叫んだりと、終始不安定な様子だった。

そのような華原を観た視聴者からも、

「カラオケバトルの朋ちゃんヤバし」
「小室さんの時と同じ目になってる」
「1曲目からいきなり号泣してるけど、歌に感動してるんじゃなくて、別のこと考えて泣いてるんじゃ」
「朋ちゃんかなり顔ヤバくない? 目が死んどるし、かなり老けて見える」


とネット上で指摘が相次いだ。

芸能関係者はこう話す。

「番組では、『夢を追う子どもたちへ』と銘打った歌唱コーナーで、なぜか間逆の『夢やぶれて』を熱唱するというシュールな行動を見せていた華原ですが、収録中の彼女はとにかく目に力がなく、肌荒れもメイクで隠せないほど。このスタジオ収録は、華原が発熱や全身の倦怠感を訴え始めたのとほぼ同時期の10月23日に行われたもの。かなりギリギリの状態だったのでしょう」



華原といえば、先月末からレギュラー番組やイベント出演を立て続けにキャンセルしている。
特番の収録の3日前にあたる10月20日には、「兄と会いたいと思いません(中略)恐ろしくて弁護士をつけました」と意味深なツイートをしたが、現在は削除されている。

「レギュラーを務める情報番組『PON!』(日本テレビ系)に、12月5日から復帰するとしている華原サイドですが、体調も回復していないうちに復帰時期をアナウンスするというのもおかしな話。華原サイドは、12月に各地で予定しているクリスマスディナーショーに間に合わせようとしているようですが、特番の華原の様子を見る限り、本当に間に合うのかと、心配になります」(同)



特番では、明らかに別人と化していた華原。
頑張ろうとすればするほど、自分を追いつめてしまうタイプなのかもしれない。

来月、元気な“朋ちゃん”に戻って、お茶の間に帰ってくることを願いたい。