ASKA車内映像に疑問…ロンブー淳「メディアは謝罪しないの?」の声に「TVタレントなのにメディア叩くなんてかっこいい」と同意

cyaz47kucaem-10
ASKA容疑者が乗ったタクシーのドライブレコーダー映像に疑問

cyaz47kucaem-10


覚醒剤取締法違反(使用)の罪で逮捕直前のASKA容疑者(58)が映ったタクシー車内映像。
これがテレビ各局の情報番組で使用された件について、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳(42)がツイッターで「放送したメディアは謝罪しないの?」と疑問を投げかけ、注目を集めている。


淳は11月30日、自身のツイッターで






と投稿。

問題の映像は、ASKA容疑者が覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕される数時間前に乗ったタクシー車内でドライブレコーダーにより記録されたものだ。
容疑者が社内でスマートフォンを見たり、運転手と話したりする様子が映っていた。

テレビ各局の情報番組では逮捕当日の2016年11月29日から翌30日にかけ、「逮捕直前の車内映像を入手」などとしてこれを放送。
するとインターネット上では「マスコミに渡していいの?」「法的に問題だ」といった声が相次ぎ、東京都のタクシー無線グループ「チェッカーキャブ」は30日、公式サイトで「当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたもの」と認めて謝罪した。

そこで淳は「同罪」であるはずのメディアが「スルー」している状況に疑問を呈したというわけである。
投稿は注目を集め、

「おっしゃる通り!」
「正論!そして激しく賛同!」
「あんたかっこいいよ、TVタレントなのにメディア叩くなんて」


と同意する声がいくつも寄せられている。

同映像の使用をめぐっては、俳優の坂上忍(49)も同日放送のフジテレビ系「バイキング」の中で「あれは別に関係ないじゃん」「ああいうの流しちゃっていいのかなって素朴に思った」と違和感を示している。
評論家の宇野常寛(38)も12月1日の日本テレビ系「スッキリ!!」で、「視聴率目的で流すテレビもクソですよ。はっきりいって」と切って捨てた。

なお、国土交通省は1日、タクシーやバスの業界団体にドライブレコーダーの映像を適切に管理するよう通知。
今回の件に関しては

「乗客のプライバシーに配慮することなくマスコミに映像を提供するという行為が行われたことは、誠に遺憾である」


とした。

cyaz47kucaem-10