高畑淳子、主演舞台「雪まろげ」千秋楽で感極まり涙…年内は休養、長男・裕太は”退院”したと認める

高畑淳子、主演舞台「雪まろげ」で涙…

news_header_22b_0396


女優の高畑淳子(62)の主演舞台「雪まろげ」の全国ツアー公演が4日、愛知・刈谷市総合文化センター大ホールで千秋楽を迎えた。

高畑といえば、気になるのは入院していると報道されている長男のことだが………。


舞台初日のおよそ1か月前となる8月下旬、高畑の長男で俳優の高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕(のち不起訴)となる苦境に立たされた。
何とかゴールまで走り抜けた高畑は、

「ひとえにご来場くださいましたお客様のお力。これからも長く芝居を…」


と言いかけると感極まり絶句。観客の拍手に包まれながら、

「これからも長く舞台をごひいきになさっていただけたらありがたいです」


と頭を下げた。

「雪まろげ」は「放浪記」に次ぐ森光子の代表作。
劇場には満員御礼の1500人が詰めかけ、多くの笑い声やすすり泣きが聞かれた。高畑は目に涙をためながら「ありがとうございました」と繰り返した。

高畑の所属する青年座映画放送の石井美保子社長は、

「今日まで本人は気を張っていたから持ちこたえたが、いっぺんに体調を崩さないか心配です。年内は休養して心労を緩和し、次を考えたい」


と語った。
また、裕太が入院していた病院をすでに退院したことも認めたという。