不倫騒動のファンキー加藤を悩ませるアンタ柴田の“減らない口”!数千万じゃ利かない慰謝料も「通帳に全然入っていない」

不倫騒動のファンキー加藤を悩ませるのは…

maxresdefault


今年の6月に既婚者女性とのダブル不倫が発覚した歌手のファンキー加藤(37)。
彼が今、頭を悩ませているのは自身の夫婦関係ではなく、不倫相手の元夫だという。

それは、友人でもあるお笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(41)のようだ。


加藤は不倫発覚後、すぐに会見を開いて謝罪。
自身の夫婦関係は維持しつつ、柴田の元妻との間の子供を認知することを明かした。
音楽関係者によると、「加藤は数千万円では利かない養育費を支払ったと聞いている」という。

一方、柴田は騒動に対する冷静な対応が「神対応」などと称賛され、メディア露出が増加した。
バラエティー番組などで騒動に関するエピソードを暴露しているが、加藤の知人は

「加藤さんは養育費を払って騒動を収束させたつもりだった。だから、柴田さんがテレビで話し続けていることに困惑しているようです」

と語る。

加藤が柴田の元妻に宛てて払った多額の養育費を、音楽関係者は「柴田さんも含めた“柴田家への誠意”というつもりだった」というが、柴田はテレビ番組で自身への慰謝料を否定し、

「通帳に全然入っていない」

などと語っている。そのことについても、

「柴田さんにお金が入っているかは元奥さんと柴田さんの問題のはず。ここでも加藤さんは頭を抱えている」


とのこと。

現在、加藤と柴田の元妻の子どもを面倒見ているという柴田。
「本当にすごい」と各方面から言われている。

加藤が10月にリリースした新曲は、オリコン週間チャート最高19位。
11月発売のアルバムは同11位。シングル、アルバムともに自身の作品で最低となった。
別の関係者は、「相当、売り上げに悪影響が出ている」と話す。

元はと言えば、自らの不倫騒動が問題。加藤が悩む日々は続きそうだ。