ASKA怒りのブログ二転三転!陽性については「ありえません」Chageは「皆さん、聞きたいことあるんでしょ?」

釈放のASKA、ブログで怒り

20161220s00041000105000p_view


11月28日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、今月19日に不起訴処分となって釈放された歌手のASKA(58)が20日、ブログを更新。
逮捕の決め手となった尿鑑定の際、お茶を自身の尿と偽って提出したいきさつなどを綴った。
ASKAは保釈後、都内の自宅には戻らず、この日は妻が警察を通じて当面、帰宅の予定がないことを明らかにした。

ASKAのことが話題となれば、当然それは、ともに音楽活動を続けて来たCHAGE and ASKAのChage(58)にも注目が集まる。
ASKAのブログは、Chageの心境は…。


20日の正午過ぎに、ASKAは2本のブログを連投。1本目では、

「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています」

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい」

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう」


と、当時の心境を説明し、陽性反応が出たことに「ありえません」と怒りを表した。

直後の2本目では、

「あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。失礼しました」

と前言撤回し、

「実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。科捜研に間違いはないと思います」

と、覚醒剤の反応が出たことは認めた。
ブログ内でも主張は二転三転したが、理由は

「まだ語ることなできない理由があります」(原文ママ)


と明言しなかった。そして、「僕は無実です」と改めて強調した。

19日夜に警視庁東京湾岸署から釈放されたASKAだが、この日も都内の自宅に姿を見せなかった。
自宅前には警察関係者が簡易バリケードを設置し、午後4時頃には長女とみられる女性が車で帰宅した。

それからおよそ30分後には妻が碑文谷署に電話で「ASKAはしばらく自宅には戻りません」と明かし、報道陣に伝えるよう要請。
警備に当たっていた同署員から報道陣に説明された。

また、CHAGE and ASKAのChage(58)はこの日、都内ホテルでクリスマスデイナーショーを開催。
観客によると、ASKAの名を挙げることもチャゲアスの楽曲を歌うこともなく、

「皆さん、聞きたいことあるんでしょ?Chageは元気です」


と語ったという。