『逃げ恥』最終回でみくりの小賢しさ炸裂に「めんどくさい女」との声が続出

『逃げ恥』最終回のみくりは「めんどくさい女」?

161026-ci-111000


放送のたびに話題を呼んでいたTBS系の人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が20日に最終回を迎えた。
平均視聴率は20.8%を記録し、有終の美を飾った。

社会現象となった『逃げ恥』だが、一方で最終回になって、新垣結衣が演じる森山みくりが嫌いになったという人もいるという。


■最終回でみくりの小賢しさが大爆発


津崎平匡(役・星野源)とみくりはこれまで雇用関係にあったが、第11話では「共同経営責任者」として夫婦関係を続けることを選択。共働きすることを決定し、家事についてはお互いで分担することに。

しかし、仕事に追われるようになるみくりは、家事についておざなりになってしまう。平匡にそれを指摘されると「本当いうと私、几帳面じゃないんです。どちらかというと四角い部屋を丸く掃くタイプなんです」と言い、これまでは家事が仕事だったため職務を全うしていただけだと主張。

掃除の割合を平匡が多くもつことに。

また、平匡がご飯を炊き忘れていたことに対して「食事の担当は私なのに頼んだ私が悪いので私が買ってきます」と吐き捨てた。
その後もふたりの生活は上手くいかず、みくりは「いっそ、分担をやめましょうか。シェアハウスのように自分のことは自分でするんです」と思い切った提案を投げかける。

困惑する平匡にみくりは続けて「私が家事の全てをします。それはボランティアです。私が今日ご飯作りたくないと思ったら作らないし、掃除したくなくなったらしません。ご飯がなくても部屋が汚くても文句を言わないでください。」と激昂。平匡はただただ困惑するしかなかった。

このシーンを観たネット民からは「みくりの気持ちはわかるけどめんどくさいな」「なんか最終回にして嫌いになってきた」といった声があがった。















■みくりに共感する意見も

しかし、こういったみくりの心情を理解できるという人もいる。













あなたは、最終回のみくりをどう思っただろうか?