SMAP香取慎吾、あふれる涙を必死にこらえて上を見上げる…肩で大きく息「最後の”世界に一つだけの花”」

maxresdefault
香取慎吾、あふれる涙を必死にこらえて上を見上げる…

maxresdefault


今年12月31日の大みそかに解散する国民的アイドルグループ・SMAPのレギュラー番組、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回「20年間、ありがとうございました」が、26日午後6時半からおよそ5時間の特番として放送された。

番組のラストでメンバー5人が、代表曲「世界に一つだけの花」を歌唱。
メンバー最年少の香取慎吾(39)は、涙があふれるのを必死でこらえながら歌い続けた。


歌の1番は前を見据えて歌い続けた香取だが、2番で歌い出しのソロパートに入る前、しきりに上を見て、涙をこらえる仕草を見せた。

ソロパートを歌い終わった後も再び上を向き、口を少し開けて、感情が沸き上がるのをこらえる様子。
歌い終わってしばらくの沈黙では、大きく肩で息をした………。

歌い終え、全員の長いお辞儀が終わってからも上を向き、涙がこぼれるのを必死で止めた。
そして、最後の5人での歌唱をかみ締めるように目を閉じ、スタッフの拍手に聞き入った様子だった。

5人はおそろいの紺地に黒いフラワーレース付きのスーツに、黒いエナメルの靴という衣装で、襟元には衣装のレースに合わせた黒い花をつけていた。
白いバックで花を敷き詰めたステージの上で、グループとして最後の1曲を歌い上げた。

最後にメンバーからの別れの言葉はなく、沈黙の後、メンバーが深々と頭を下げた。
ステージに幕が下りても頭を下げ続け、時間にしておよそ1分半。

これが彼らからの“別れのあいさつ”となった。

様々な噂や憶測が飛び交った香取だが、その胸中は、何を考え、どのような気持ちで歌っていたのだろうか。
目を閉じ、その瞼に浮かんでいたのは、ライブ会場でのファンの姿か…これまでのSMAPの活躍か…。
maxresdefault