友人A氏、成宮寛貴がコカイン使用し「私の身体を触り始めた」と語る

友人A氏、成宮寛貴がコカイン使用し「私の身体を触り始めた」

%e5%8f%8b%e4%ba%baa%e6%b0%8f2


芸能界を突如引退した元俳優・成宮寛貴(34)の薬物使用を告発したと主張する「成宮寛貴の友人A氏」が27日夜、ブログを更新。

「彼の変化」と題し、コカインを取りに行くよう頼まれた時から成宮の態度に変化が生じたこと、コカインを楽しんでいた成宮に飲酒を強要された揚げ句、体を触られたなどと綴った。



「ある日、”チャーリー(コカイン)”を取り行くように頼まれるようになりました。今までどうしていたのかは解りませんが、私自身もそういった意味での”仲間に”したかったのか…」

「私は、その頃からヒロに少しずつ嫌悪感を抱き始めている事に気づきました。舎弟のように使われることや犯罪を助長させていることに対してです」

「ヒロの家に招待された、ある日のことです。その夜はいつもと違い、ヒロは執拗に酒を勧めてきました。(中略)突然『併せて眠剤も飲んでみろ』と言ってきたのです。(中略)そんな中、ヒロがチャーリーを楽しみ始めました。いつものことなので、自分もあまり気にせず酒を飲み続けました。いつもと少しだけ違うおかしな雰囲気を感じていましたが、飲み続けていると、ヒロが近くに寄ってきて、私の身体を触り始めたのです。」(原文のまま)



A氏は今月21日にブログを開設。
自身が同性愛者でないことや薬物を使用していないとした上で、質問に答えるなどと綴っていた。

23日に更新したブログでは、成宮とはおよそ4年前にクラブで知り合い、一緒に酒を飲む機会が増えて仲良くなったと記した。
その中で薬物使用を目の当たりにしたこと、成宮に薬物を辞めるように何度か注意したことなどを綴っており、また26日にはツイッターで「真月 スカイ ジュニアー ダ シルバー です。 名前くらい教えますよ」と名前を明かした。