ネットドン引き!平愛梨の発言にみる天然キャラの怖さとは?「冗談でも長友がかわいそう」

fb_tomoairi01m_160603-ogp_0
平愛梨の発言にみる天然キャラの怖さとは?

fb_tomoairi01m_160603-ogp_0


女優の平愛梨(32)とインテルミラノ所属のサッカー選手・長友佑都(30)が12月24日に都内で婚約会見を行い、1月29日に入籍することを報告した。
 
平の薬指には大粒のハート型のダイヤモンドの婚約指輪が輝き、幸せいっぱいのオーラを放っていた。
平は今後仕事をセーブし、長友を支えていくとのこと。
 
もともと天然可愛い系キャラとしてバラエティ番組で人気だった平。
そんな彼女が今回一流アスリートと結婚したというのは、“女性の憧れ”的な幸せを手に入れたと言えるが、しかし、熱愛発覚から会見までをみても、ちょっと空気が読めない天然っぷりが炸裂している。

結果、完全に男性からも女性からも違和感を感じさせてしまっているようで………。


今回の婚約会見は終始和やかで笑いの耐えない会見だったが、婚約指輪の話題にはネットを中心に女性たちから共感できないという声が噴出しているという。
 
それは、長友から婚約指輪をもらった感想について話をしていた時のこと。平は、

「宝石よりも大量のじゃがりこが欲しかった」

と、兄に冗談を言っていたというエピソードを披露。
長友もこれには仰天したという笑い話だが、ネットでは「冗談でもかわいそう」「じゃあその指輪返せよ」「あざとい!」と女性からの批判が殺到したとか。

どうやら、指輪をしっかりもらっておいて、

「私は宝石をもらえるような人間だと思ったことがない」


という姿勢をとる平に、女性特有のあざとさを感じずにはいられなかったのだろう。

また、他にも平の好感度が下がる要因となった発言があるという。
平は理想の女性増として、さだまさし(64)の名曲「関白宣言」を例に出した。
この曲は、「飯は上手く作れ」「浮気はしない……多分……ちょっと覚悟はしておけ」「帰る場所はないと思え」「俺より先に死ぬな」など、女性に対する要求がぞんぶんに盛り込まれた歌詞であり、この平成の世では、女性が首を傾げてしまうような内容だ。

平はそんなこの曲を毎日聞いているといい、それが理想なのだと言う。
 
このように「耐え忍ぶ女性に“すごく”憧れます」と言いながら、華やかな女優業をこなす平に疑問を抱く人が多いのだとか。

ふたりの夫婦生活はこれからスタートするわけだが、今後どうなっていくのか見守りたい。
fb_tomoairi01m_160603-ogp_0