斎藤工、『ガキ使』でサンシャイン池崎に扮した反響に苦笑!素顔とのギャップに「がっかりされる」

c1axoueuaaaic3w
斎藤工、『ガキ使』の反響に苦笑

c1axoueuaaaic3w


俳優の斎藤工(35)が9日、東京・赤城神社で行われた映画『アサシンクリード』の大ヒット祈願イベントに登場。

昨年の大みそかに放送された日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』では、ハイテンション芸人のサンシャイン池崎に扮して、ダウンタウンらを爆笑させた斎藤はその反響に苦笑した。


斎藤は、

「どこにいってもやってくれと言われる。普段、おとなしいのでがっかりされることが多いですね」

「普段、クラスでおとなしい子がキレたら怖いじゃないですか。そういう“反動”というか…。サンシャイン池崎さんも実際にお会いしたら非常におとなしい方で、この世界は“反動”というエネルギーは強い」

と、ギャップについて力説。

なぜ挑戦したかについては、

「見たことのない自分に会えるかなと。ハイリスク・ローリターンでしたけど…」


と語った。


c1axoueuaaaic3w