嵐・二宮和也やHey! Say! JUMP勢にスキャンダルが多発した影響は…

ジャニーズ、スキャンダル続出で…

img_0892


SMAP解散に揺れた、2016年のジャニーズ事務所。
同時に、ジャニタレの大スキャンダルが例年以上に報じられた年でもあった。

果たして、その背景には何があるのか?
ここへきてジャニーズの”影響力”に変化が出ているという。

芸能記者が語る。



「昨年のジャニーズのスキャンダル対応は、例年とは明らかに違っていました。これまでは、ジャニーズタレントの様々なスキャンダルは、ジャニーズ側の徹底した“火消し”によってもみ消されていたか、報道されてもオブラートに包んだような報道が多かった。それが、2016年は、Hey! Say! JUMPの中島裕翔(23)と女優・吉田羊(年齢非公表)の7連泊や、嵐・二宮和也(33)と伊藤綾子アナウンサー(36)の熱愛などが続々と報じられました。業界内では、ジャニーズの勢いが衰退しているという声が絶えません」


この“衰退”は、今後のジャニーズに大きな影響を及ぼすとも言われている。
というのも、スキャンダルが出たメンバーの多くは、「ポスト○○」とされ、今後の事務所を背負って立つジャニーズグループのメンバーがほとんどだったからだ。

「SMAPの解散後、“ポストSMAP”には嵐、“ポスト嵐”にはHey! Say! JUMPか関ジャニ∞あたりが当て込まれると考えられます」

と、前出の芸能記者は話す。

ではなぜスキャンダル報道が増えたのか?芸能関係者は

「これまではジャニー喜多川社長(85)の圧倒的な影響力がありましたが、現在は第一線から退いている。副社長らの力では、なかなかスキャンダルも押さえられないのでしょう。事務所としては、自己管理を徹底してくれと言っているようですが、もはや追いつかない状態。あそこまで増え続けると、事務所も諦めたのかとさえ思ってしまいます。以前はたとえスキャンダルを撮られようとも、その写真そのものをネットに掲載することをジャニーズは許さなかったといいますが、昨年くらいから、一部メディアでは写真のネット掲載も行っています。明らかに、何かが変わり始めているのではないでしょうか」


と推測する。

また、昨年末には二股疑惑が報じられたジャニタレもいた。
スキャンダルが続けばファン離れが加速し、さらなる“衰退”にもつながりかねない。
2017年は、ジャニーズにとってどんな一年となるだろうか。