星野源「恋」が春のセンバツ入場行進曲に決定!!「『やるぞ』という前向きな気持ちになってもらえたら」

%e6%81%8b
星野源「恋」春のセンバツ入場行進曲に決定!!

elevenplay01_1013


昨年放送し話題となった、新垣結衣主演のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の“恋ダンス”でブームを巻き起こした星野源の楽曲「恋」が、3月19日に開幕する『第89回選抜高等学校野球大会』(兵庫・阪神甲子園球場)の入場行進曲に決定したことが11日、明らかになった。


“春のセンバツ”の愛称で親しまれるこの大会。
開会式の入場行進曲は第1回大会(1924年)から始まり、第34回大会(1962年)の「上を向いて歩こう」(坂本九)からは「その前年に広く社会に親しまれた曲、その年を象徴するような曲」を対象に毎年選定しており、楽曲を行進曲にアレンジし、開会式の各校入場時などに使用されてきた。

星野は喜びを

「古くは坂本九さんの『上を向いて歩こう』から、ヒット曲や多くの人に印象に残った曲が選ばれています。その流れのなかで僕の曲も選んでもらってうれしく思います。行進曲用のアレンジがどのようになるのか、とても楽しみです」と喜びのコメント。「ワクワクして体が勝手に動くようなダンスミュージックになったらいいなと思って作った曲なので、高校生のみなさんがワクワクして『やるぞ』という前向きな気持ちになってもらえたらうれしいです」


と語った。

「恋」は同ドラマの主題歌として、主演の新垣と共演の星野らがエンディングで踊る“恋ダンス”が大人気となった。
昨年大みそか放送の『第67回NHK紅白歌合戦』で星野が同楽曲を歌唱した際も、ゲスト審査員の新垣がダンスの振り付けを一瞬披露し話題を呼んだ。
%e6%81%8b