長澤まさみが凍りついた!とんねるずの「落とし穴」企画で芸人があわやアゴ粉砕の事態に

pictures00397
長澤まさみが凍りついた、とんねるずの「落とし穴」企画

pictures00397


1月5日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 2時間半スペシャル」。

番組では「2017年全落芦ノ湖クラシック」と題し、様々な芸能人がドッキリ企画で落とし穴に落とされたのだが、あわや大怪我につながりかねない事態に、ゲストの長澤まさみが凍りつく場面があった。



「今回、出演者によっては連続して2回目の落とし穴を仕掛けるという企画が行われました。その中でもターゲットとなった小池徹平は、立て続けのドッキリに対し『もう?! 何なん? これは怒るでしょ!』『ほんと、嫌だな』と怒りを露わにするシーンが注目を集めました」(テレビ誌記者)


今回の番組ゲストには「全落」企画のファンだという女優の長澤まさみが宣伝も兼ねて出演。
小池の激怒シーンでは笑顔を見せていた彼女だったが、あるシーンで表情を凍りつかせたという。

「番組の後半では、人気急上昇中のお笑い芸人『ANZEN漫才』のみやぞんが登場。彼には、仕掛け人女性の帽子が飛ばされ、それを拾いに行った先に落とし穴があるというドッキリが行われました。しかし穴に落ちる際、勢いよく前に飛び出していたため、落下しながらアゴだけを地面に強打するという事態が発生。他の出演者は爆笑していたものの、長澤だけはその瞬間、笑顔を見せず、ドン引きする様子がワイプで映し出されました」(前出・テレビ誌記者)


凍りついたのは視聴者も同じだったようで、放送されるや

「これはアゴが砕けてもおかしくない。穴をもっと広くしないといつか大事故が起こる」
「運が悪かったら前歯折れてるよ。怖すぎだわ」
「もし舌を出してたら大変なことになった」


との声が殺到したという。

幸い、みやぞんは怪我もなく無事だったが、ドッキリ企画はしっかりと安全を確保したうえでやらなければ、視聴者も肝を冷やす展開となってしまう。
pictures00397