ベッキーの好感度が「ぶち上がった」!!車クラスタを喜ばせた理由とは?

ベッキーの好感度が「ぶち上がった」理由とは?

C15IrVvVIAE4_HM


1月11日放送のフジテレビ系「モシモノふたり」に出演したタレントのベッキー(32)。

番組の内容は、アメリカ・ロサンゼルスから帰国した妹のジェシカ・レイボーン(31)と1泊2日の同居生活を送るというもの。
その中のある場面に、「車クラスタ」の人たちが大興奮している。

ベッキーの好感度が「ぶち上がった」とまで言われた、その理由とは?


番組の中で2人は手作り弁当を持って公園に行くことになり、用意された車に乗り込んだ。
運転席に座ったベッキーは慣れた手つきでエンジンをかけ、いざ出発。
軽快に車を走らせる中、ベッキーはこんなことを口にした。

「いやでもやっぱ、マニュアル車用意してくださったから嬉しいわ~」


なぜこんなことを話したかといえば、実はベッキーは大の運転好き。しかも車はマニュアル車しか乗らないという。

「違うマニュアル車に乗ると、音で自分のマニュアル車のギアを変えるタイミングを決めてるわけだから、『この車においてのこの音は、今、3速』みたいな」

と、シフトチェンジについて熱弁を振るう場面もあった。
姉に圧倒されたのか、ジェシカも「ちょっとマニュアル車乗りたくなってきた」と呟くほど。

このベッキーの姿に、車好きのツイッターユーザーたちは即座に反応。

「マニュアル車乗れるのか最高かよ」
「S660のマニュアル車を颯爽と運転するベッキー渋いw」
「マニュアル車しか乗らないって聞いてベッキーの好感度ぶち上がった」
「このエンジン音だから3速に...とか 音の下り...わかる、わかる」


と、車ファンは大喜びの様子だった。

ベッキーがマニュアル車好きであることは、これまでにもバラエティー番組などで話したことがあるが、それほど知られている事柄ではなかった。
また、実際に運転しながら魅力を力説する姿が新鮮に映ったようで、不倫をきっかけに下がってしまった好感度が上がるきっかけとなるかもしれない。