山崎賢人の記憶から消し去りたい過去!!通知表に「奇行に走る傾向」と書かれた小学生時代

山崎賢人の記憶から消し去りたい過去とは?

60234173


俳優の山崎賢人が16日、日本テレビ系「PON!」に出演。
その中のインタビューで、小学生時代に通知表に先生から書かれた衝撃的な言葉を公表し、「記憶から消したい」と訴えた。


番組では女優の川口春奈とともにW主演した映画「一週間フレンズ」を紹介。
映画は一週間で友達のことを忘れてしまう記憶障害の女子高生の話だが、その流れの中で「記憶から消したい過去」について質問が飛んだ。

山崎は小学校2年生の時を振り返り、

「何か目立ったことをしたみたいで、1学期の通知表で『いい意味でこの子はクラスの中でも目立つ子です』って書かれた」

と書かれ、気を良くしたという。
そして2学期に入り、「もっと目立ちたい」との思いから授業中に急に立ち上がるようになり、先生から「どうしたの?」と聞かれても「何でもありません」と答えては座る、という行動を取ったという。

すると、2学期の通知表には

「この子は奇行に走る傾向があります」

と書かれてしまったそうで、山崎は

「結構言われて、親にまで相談された。今思うと自分でも(自分が取った行動が)怖い。記憶から消したいです」


と、子供時代の”黒歴史”について語った。