オネエタレント・GENKINGがネットで大炎上!!IKKOも「アレは言っちゃいけない」と指摘

GENKINGがネットで大炎上!問題の発言とは?

20160113_genking_22


タレントのGENKINGが誹謗中傷の嵐に対して、怒っていることが話題になっている。

だが一方で、GENKINGがかつて放った言葉に、美容家のIKKOがたしなめたことも発覚した。


GENKINGは、16日放送のフジテレビ系『バイキング』に「テレビから消えた」という触れ込みで生出演した。

その中で、自身のSNSに多数の誹謗中傷がコメントがついていることを告白。

「『オカマ消えろとか死ね』っていうメッセージがきて、ブロックしてもすぐにまた新しいアカウントを作ってメッセージを送ってくる」

とし、友人や家族から心配されているという。

しかし、美容家であり同じくオネエタレントのIKKOは、そんなGENKINGに冷静に反論した。
かつてGENKINGが、「平成の美輪明宏になりたい」と発言をして非難を浴びたことついて、あのとき彼女と友達だったら…と前置きしたうえで、

「あれは言っちゃいけないんじゃないかな」

と指摘し、

「美輪明宏さんは私たちの尊敬する大先輩だから、私たちの仲間からも『どうなのかな』って思われたところだよね」


とたしなめる場面があった。

このGENKINGの発言で、ネットでは「格が違いすぎでしょ」「学も品も無いくせにドン引くわ」「平成の美輪明宏さんだと?!それは叩かれるわー」など、やはり批判が相次いでいる。

夢や願望を持つのはもちろん自由だが、それをハッキリと口にしていいかどうかはよく考えるべきなのかもしれない。