フジ『フルタチさん』に出演のアイドル・あいちゃん6さいがショックで号泣!!「なんで嘘ついたの?」

『フルタチさん』に出演の6才女児が号泣のワケ

C2NaXybUUAA16La
出典:Twitter


「最年少アイドル」という肩書で、幼稚園に通いながらアイドルとして活動する女の子「あいちゃん6さい」。
そんな彼女の活動を取り上げたフジテレビ系バラエティー番組「フルタチさん」の放送内容が、インターネット上で物議を醸している。

それは一体、なぜなのか。


2017年1月15日放送の「フルタチさん」では、「6歳のアイドルが大人に大人気の理由とは?」と題した特集を放送。
そこで紹介されたのが、4歳でアイドル活動をスタートさせたあいちゃんだ。

番組では、あいちゃんのコンサート当日の様子を密着し、ステージの上で童謡やアニメソングを歌ったり、ファンとの写真撮影やサイン会を行ったりする場面を伝えた。
また、番組スタッフがファンに「なぜ6歳のアイドルを応援するのか」を質問するシーンもあり、そこでは

「恋愛スキャンダルがないため、絶対に裏切られることがない」
「親目線で応援できる」

などの意見が出された。

だが、放送から一夜明けた翌16日。
あいちゃんが所属する芸能事務所「レインボーミュージックプロダクション」の大隈秀徳代表が『【重要】あいちゃん6さいテレビ放送内容の訂正』としてツイートをした。

その中には、「放送をドキドキワクワクで観ていたあいちゃんが後半でショックを受けて号泣してしまいました。」という。

一体何があったのかといえば、番組後半で女性アナウンサーが伝えた「ある情報」だ。
このアナウンサーは特集の終わりに、

「ちなみに、あいちゃんに『幼稚園で好きな男の子いるの?』と聞いた所、××君が好きと答えていました」(伏字は編集部、放送では下の名前が公開された)

と読み上げ、番組MCの古舘伊知郎(62)は「普通の女の子だということで安心したんですけど、その『××君』があの客の中の1人だったら…」と話し、スタジオの笑いを誘った。

ここまでは、普通のバラエティ番組でもよくある部分だろう。

しかし、番組を見ていたあいちゃんはこのシーンの直後に「号泣」し、テレビの前で泣き崩れ

「好きな人いないって...言ったのに...」

と言ったという。
なお、大隈代表は投稿の中で

「(あいちゃんは)恥ずかしくて幼稚園に行けないとかではなく、お客さんが可哀想だと泣いたのです」

と説明し、

「まだ嘘をつけない純粋なあいちゃんが、本当は『いない』って答えたんだよ、とみなさんに伝えたがっているので代弁させていただきました」

としている。

だが、あいちゃんが言ってもいない男の子の名前がどうして出たのか。
この原因については、あいちゃんの母親がスタッフとの雑談の中で「よく遊ぶ男の子の名前」を出したことが、

「番組制作の過程の伝達ミスか何かで間違って放送されたのだと思います」

と推測していた。

この大隈代表のツイートはネット上で話題となり、

「このぐらいの年齢のトラウマって気を付けないと一生引きずるからなぁ」
「この歳の子にはデリケートな問題だと気づかんかね」
「子供泣かすようなことすんな」

といったコメントが並んだ。

あいちゃんはショックで16、17日と幼稚園を休んだそうだが、17日夜にはもともと予定されていたライブイベントに参加。
18日からは幼稚園にも登園しているという。

大隈代表は、あいちゃんの反応や本人の思いをツイッターで公開した理由について、

「放送後のレッスンで元気が無く、番組について『なんであれ嘘を言ったの』などと気にしていた様子だったので、運営として対応すべき問題だと考えました。基本的には、応援して頂いているファンへ向けたメッセージになります」


とコメント。

大隈代表には18日の昼頃に番組のプロデューサーから連絡があり、現在は「今後の対応について話し合っている最中」だという。