ゆりやんレトリィバァ、三度目の正直となるか!?R–1優勝で、意中の先輩を映画デートに誘う決意

ゆりやんレトリィバァ、R–1優勝で意中の先輩を映画デートに!!

news_header_0306_yur_002


昨年まで2年連続で「R-1ぐらんぷり」決勝に進んでいる女ピン芸人・ゆりやんレトリィバァ(26)が19日、大阪市内で行われた同ぐらんぷり2回戦に出場し、悲願Vへスタートを切った。


ゆりやんは身長159センチ、で体重は「去年より10キロ増えて」95キロだという。

シード枠で2回戦からの参戦となり、今年の勝負ネタは「岩の上の少女」。
白系のお嬢様風ルックにその巨体を包み、空想にふけるネタを披露した。
毎年、渾身の1本で決勝まで進んでおり、今年はこれで進む予定。

なぜこのネタにしたのかといえば、

「劇場でこれをやったら、前の席の子供がずっと笑ってくれてた。理由聞いたら『ずっとおなかが揺れてておもしろかった』って。あ、それもアリやなと思った」

という。

ただ、見た目もおもしろいと言われるのが芸的においしい部分もあるかもしれないが

「家族や先輩からは、危ないからやせろって言われます」。最近は、ダイエットも心がけてはいるそうだが、すでにこの日の衣装が「ピチピチ過ぎて、ネタは変えなくても(3回戦以降は)衣装は変えようかな…」

と、危険水準に入りつつあることを心配もしている様子。

しかし本人は

「まあ、でも、体の幅も広がったんで、芸の幅も広がるかも」

と前向きに解釈している。

だが、そんなゆりやんの声が小さくなったのは、やはり”恋”の話題だった。
ゆりやんはこれまで、テレビ番組や舞台上で若手実力派コンビ「アキナ」の山名文和(36)を好きだと公言してきた。
どんなにラブコールを送っても、結果は「NO」と言われ続けているが、「やっぱり好きです…」と今回も照れた。

“三度目の正直”でR-1優勝をつかみ

「山名さんと映画を見に行きたい」


と意気込みを語ったゆりやん。

NSC(吉本総合芸能学院)35期を首席で卒業するなど、腕は見込まれている彼女。
果たして、その願いは叶うのか!?