江角マキコの引退発表に、『ショムニ』ファンが悲鳴!!「千夏のタンカがもう1度聞きたい」

江角マキコの引退発表に、『ショムニ』ファンが悲鳴

Shomuni-3


1月23日に、突如として芸能界引退を表明した女優の江角マキコ(50)。

江角は、2014年の7月に自身のブログで「ママ友いじめ」に遭っていたと告白。
ところが、反江角派のママ友が女性誌でこれに反論。

事態は、さらに泥沼となっていき…。


さらに、翌8月28日発売の「週刊文春」には、2012年当時の江角のマネージャーが、タレント・長嶋一茂邸の外壁に「バカ息子」などの落書きをしていたと報道された。

江角は、この“落書き”を指示したなど関与を疑われ、仕事が激減することに。
2015年末にフジテレビ系「バイキング」、日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」を卒業。
同年3月末にはTBS系「私の何がイケないの?」が放送終了し、それ以降は表舞台から姿を消していた。

近年はバラエティでの活躍が多かったものの、江角の名を聞いて思い出すのは、あの”名作ドラマ”だろう。

「江角といえば現在別居中の夫と知り合った98年に放送開始したドラマ『ショムニ』シリーズ(フジテレビ系)が代表作です。スカート丈の短い水色の制服を着て、自由奔放だけれど会社の利益は生む総務部庶務二課所属のOL6人のリーダー的存在・坪井千夏を演じた江角は、このドラマで老若男女問わずファンを獲得しました。ドラマ自体も1話完結でテンポがよく、再放送を望む声が高いドラマだけに、ネット上には『もうショムニの再放送はナシ?』『千夏のタンカがもう1度聞きたい』などの悲痛な叫びが書き込まれています」(テレビ誌ライター)



そんな千夏のイメージが今も根強い江角。
こんな形での引退は、実に残念極まりない。