大原櫻子の新CMが「公開処刑でしょ」と言われるワケ

大原櫻子の新CMが「公開処刑でしょ」と言われるワケ

maxresdefault


シンガーソングライターで女優の大原櫻子(21)と女優の広瀬すず(18)は、プライベートでおそろいのイヤリングをつけたり、インスタグラムでたびたびツーショットを披露したりと、大の仲良しとして知られている。

昨年夏には京都まで“思いつき二人旅”をして、その様子をそれぞれのSNSで公開したことが話題となった。
顔立ちや髪型が似ていることもあり、ネットでは“双子説”まで流れているほどだが、そんな二人が共演するソフトバンクの新CM『SUPER STUDENT宣言篇』に、ファンが不満を漏らしているという。

それは一体、なぜなのだろうか?


ソフトバンクは2017年から、新たな学割のキャンペーンである「SUPER STUDENT」を開始。
1月20日から放送が始まった今回のCMには、“学割対象”の広瀬と大原、そして広告新キャラクターのジャスティン・ビーバー(22)が登場している。

とはいえ、メインで登場するのは広瀬オンリー。
CMの前半は、広瀬が一人で歩きながらセリフを喋る姿が映されており、大原が加わるのはCMの後半から。
さらに大原は、広瀬と並んで歩きながら、広瀬と同じセリフを繰り返すだけとなっている。
このCMには30秒バージョンと60秒バージョンの2つのタイプがあるが、どちらも構成はほとんど変わらっておらず、大原のセリフが「私たちは」と1つ増えるだけなのだ。

広瀬がメインで登場となるため、広瀬ファンからは「ソフトバンクの広瀬すずがかわいすぎて参った!」「今年も広瀬すずはかわいいぞ!」と大絶賛の同CM。
だが一方で、大原のファンからは落胆の声が多く出た。

「エキストラかと思ったぞ」
「扱いがチョイ役だから、エキストラに見えた」
「いや、はじめ気がつかなかったわ」
「これは、完全な公開処刑でしょ」
「写真では似てるけど、さすがにCMだと差が出るな」
「二人並ぶと広瀬すずのかわいさがすごいな」

など、映像を通して並んだ二人に差を感じたとのコメントも相次いだ。

女性誌のライターはふたりを比べてこう話す。

「大原といえば、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のオーディションで、5000人の中からヒロイン役を勝ち取り、CDデビューまでした実力派です。その後も、日本映画批評家大賞や第56回日本レコード大賞の新人賞を受賞するなどの活躍を見せていますが、“ブレイクした”という点では、今や映画やCMに引っ張りだこの広瀬には、やはりかなわないですね」



ちなみにこのCM、これで終わりではない。
今後もシリーズ化が予定されているようで、そうなると、いつかは大原がメインで登場するCMも出てくるかもしれない。