ゲス川谷の活動自粛は大ウソ?メンバーに”楽曲提供”で波紋「名に恥じぬゲスっぷり」と批判の嵐!!

ゲス川谷、活動自粛は大ウソ?

aead8f1b7e49f296e6f17b3645353154_3575


活動自粛中の音楽バンド・ゲスの極み乙女。のボーカルをつとめる川谷絵音(28)が、同グループのベーシスト・休日課長(29)の新ユニット「DADARAY」に楽曲提供することが明らかになった。

このことにより、「自粛の意味がまったくないではないか」などと批判が相次いでいる。


1年前にタレント・ベッキー(32)とのゲス不倫で世間から注目を浴び、その悪名を日本中に知られることになった川谷。
昨年はバッシングが止むことはなく、新恋人でタレント・ほのかりん(20)が19歳だった当時、未成年と知りながら一緒に飲酒したことが明らかになり、ゲスの極み乙女。は活動自粛を余儀なくされた。
さらに極めつけは、昨年の12月31日で所属事務所だったSPACE SHOWER MUSICとの契約が打ち切りになっている。

それでも年が明けた1月31日、休日課長メインの新プロジェクト「DADARAY」のスタートが発表された。
川谷は、休日課長からの依頼を受ける形で同プロジェクトの楽曲制作に参加する模様で、早くも音楽活動を始まる川谷に

「ずるくない?」
「全く、自粛の意味がない」

などとブーイングの嵐。
休日課長に対しても、「自分で曲が作れるのか?」と非難が飛び火した状態に。

同プロジェクトは4月5日に1stアルバム『DADAISM』を発売する予定で、YouTube上にはすでに収録曲『イキツクシ』をアップしている。
こちらはゲス極ファンから、「どんな形でも川谷絵音の音楽が聞けるだけでうれしい」との喜びの声や、「ゲスの極み乙女復活しないでほしい」と批判のコメントが出るなど賛否両輪を浴びている真っ最中だ。

一方、ゲス極の活動自粛のきっかけとなった川谷とほのかりんの関係は良好そのものだ。
年末にはハワイ旅行へ行ったことを『週刊女性』(主婦と生活社)に報じられ、1月30日放送のフジテレビ系『バイキング』では、芸能記者の神谷明良氏が二人は今も同棲中であることを暴露。
そんな矢先に報じられた川谷の音楽活動再開であるから、昨年の活動自粛宣言は何だったのかと聞きたい。

芸能関係者は語る。

「本人は『ゲス極の活動を自粛する』という意味合いで解釈したのか分かりませんが、自粛の原因を作った張本人が音楽活動を始めてどういうつもりなのか。とにかくベッキー(32)の件からずっと反省感のない言動が気になるし、色々セコさが目立つ。腹の底で『自分は何も悪くない』という思いがあるのかもしれませんね。まさに『ゲスの極み』という名に恥じぬゲスっぷり」



これでは晴れてゲス極が復活しても、さらに非難が増える一方ではないか。
川谷は、どんなことを考えながら楽曲を作っているのか………。