元乃木坂46の市来玲奈、日テレアナウンサーに内定!!グループ初

元乃木坂46の市来玲奈、日テレアナウンサーに内定!

120305-0006210653


人気グループ・乃木坂46の元メンバーである市来玲奈(21)が、日本テレビのアナウンサーに内定したことが2日、分かった。

現在、市来は早稲田大学の3年生で、日テレへは来年4月に入社予定だという。
乃木坂46卒業生がテレビ局正社員のアナウンサーになるのは初めてであり、AKB48グループでも前例がない快挙となった。


今や日本を代表するアイドルグループになった乃木坂46の卒業生が、アイドル時代からの夢を遂に叶える時がきた。
複数の関係者によると、市来は2日までに日テレ正社員のアナウンサー職に内定したという。
今後は来年4月の入社に向けて、同期の内定者たちとともに研修などに参加する予定。

市来は2011年8月に、乃木坂46の1期生オーディションに合格。
ファンからは「広末涼子の再来」ともいわれ、爽やかなルックスと透明感のある声が特長。
結成時から選抜メンバーに入り、デビュー前の初代「七福神」に選ばれた。

早大の付属校に通学しながらアイドル活動も両立し、2014年4月、第1志望だった早大文学部に内部進学。
2014年7月の乃木坂46卒業後は女優として活動を続け、昨年公開の「さざ波ラプソディー」では映画初主演を果たしている。

また、市来は競技ダンス(社交ダンス)の実力も一流。
小学6年生の時には世界大会に出場しており、2015年8月にはTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」内の企画で、同局の山本匠晃アナウンサーとペアを組み「NBDAダンススポーツ競技会」に出場。
ワルツとスローフォックストロットの2種目で優勝し、その後も同番組に複数回出演。華麗なステップワークを披露していた。

才色兼備で努力家の市来。
乃木坂46の1期生オーディションは、倍率1082倍の超狭き門だった。
だが、卒業後もコツコツと勉強を積み重ね、再び倍率1000倍以上ともいわれるキー局の正社員アナウンサー試験に合格した。

人気アイドルグループ出身のキー局アナウンサーは、元モーニング娘。で現テレビ東京の紺野あさ美アナ(29=今春退社予定)以来となる。
今後の活躍にさらに注目が集まりそうだ。

日テレは日刊スポーツの取材に対し、

「当社では、採用活動に関する質問については、お答えしておりません」


とコメントした。