赤井英和 、双子の女児を生後間もなく亡くしたことを告白 1人は3日で、もう1人は7カ月で…

赤井英和 、双子の女児を生後間もなく亡くしたことを告白

e46ad9ec


元プロボクサーで、俳優の赤井英和(57)が6日、TBS系「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」に出演。
双子の女児が誕生したものの、生後間もない時期にどちらも亡くなったことを告白した。


番組では、赤井の妻・佳子さん(50)が東京都多摩市の墓地に訪れるところに密着。佳子さんは、

「3人いる子どもの下に双子が。さくらこちゃんとももこちゃんていう女の子」

と明かし、

「産まれてすぐになくなって…」

と苦しい表情を浮かべた。

赤井夫妻には長女・つかささん、長男・英五郎さん、次男・英佳さんの3人の子どもがいる。双子は3人の妹であり、未熟児で産まれ、臓器が十分に発達していなかったという。

ももこちゃんは生後3日で息をひきとり、さくらこちゃんも後を追うように7カ月で亡くなった。佳子さんは

「どうしてこんなことになっちゃったんだろう。最後までうまく育てられなかった。だめだな」

と、後悔を口にした。

赤井も当時を振り返り、

「僕も佳子も必死やったです。どうしようもできなかったです。信じられへんかった。当たりまえのことですが人は死ぬんだと思った」


と沈痛な表情で語った。