ぺえ、AKBのオーディションに落選した過去を告白!!指原莉乃も絶句「そろそろオネエを欲しているんじゃないかなと思って」

visual-01
ぺえ、AKBのオーディションに落選した過去を告白

visual-01


原宿のカリスマ店員で、お姉系タレント・ぺえ(24)が、7日深夜に放送された日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演。
アイドルグループ・AKB48のオーディションに応募した過去を告白した。


番組MCのHKT48・指原莉乃(24)と「同い年の女」というくくりで、重量挙げ女子の八木かなえ(24)、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ(24)とともに出演したぺえ。
それぞれが過去について振り返る中、ぺえはAKB48のオーディションに応募したものの、落選したと明かした。

まさかの告白に、指原も「えっ?」と思わず絶句。
ぺえは応募した理由を、

「大学4年の時にAKBのドキュメンタリーを見たんですよ。アイドルだけどすごく熱い。私これかもしれないと思った。秋元(康)さんってそろそろオネエを欲しているんじゃないかなと思って」


と語った。

応募したのは「9期生だったかと思います」としたぺえだが、島崎遥香(22)や入山杏奈(21)らが合格した9期生オーディションは2009年に行われたため、思い違いの可能性もある。
visual-01