GACKT、元愛人の”自殺未遂報道”にブログで反論「自分たちのケツは自分たちで拭け」

o1280128013859399214
GACKT、元愛人の”自殺未遂報道”にブログで反論

o1280128013859399214


2月1日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、歌手のGACKT(43)と交際していたとされる元愛人のAさんが自殺未遂をしていた、と報じられた。

AさんがGACKTの公式メールアドレスにメールを送ったことから関係が始まったとされる2人だが、これに対してGACKTが自身のブログで心境を綴った。

そもそも、なぜこのように関係がこじれてしまったというのか。



「2人は震災後、3年以上関係が続いていましたが、GACKTのマネージメント会社の代表を務めるH氏とAさんが婚約したことで、GACKTとの関係を終わらせました。『婚約したので今後会えません』というメッセージも送ったようです。しかし、H氏には別に本命の女性がいました。AさんはGACKTに対して助けてほしい、とメッセージを送るも、既読後にブロックされてしまい、裏切られたと感じて思い詰めてしまった。Aさんが自殺未遂をしたのは、今年の元旦だったそうです」


と語るのは、週刊誌の記者。

この報道を受け、GACKT本人がブログで反論。
以下、「ボクを巻き込むな!自分たちのケツは自分たちで拭け!!」というタイトルで更新された記事の抜粋。

「『自分たちのケツは自分たちで拭け!!!ボクを巻き込むんじゃねぇ!』これだけだ。別にボクが紹介した子と揉めたわけじゃない。知らないところで勝手に食事会で出会って勝手に自分たちで恋愛して盛り上がって勝手に揉めて喧嘩して勝手に別れた。(中略)親でもないのに二人の問題にボクが入る理由も全くない。そして、2週間後の今日このざま。もう一度大きな声で言うからよーく聞けよ、オマエらさ。『自分たちのケツは自分たちで拭け〜〜〜!!!!!!』」



この報道に対し、GACKTのファンがどう思っているのかというと…。

「ブログにはファンからのコメントが殺到。『GACKTさんはやっぱり素敵』、『GACKTさんは関係ないのに』と擁護をするようなコメントが目立ちます。『文春』の記事中にはGACKTの“喜び組”と彼の女性の扱い方が書かれ、Aさんの人生が狂った要因ともとれる書き方がされていますが、今回はGACKTのいうことも一理あるかもしれません」(芸能関係者)



ネットでも、「これはGACKTが悪いわけではない気がする」というコメントが相次いだこの事件。
「今回の当事者の男性には、この彼女としっかり話し合うようにも言った。」とGACKTは綴り、ブログを締めた。
o1280128013859399214