所属グループが解散へ!!地元・福岡の期待大きすぎた橋本環奈の”今後”は?

橋本環奈、所属グループが解散へ

JLU_4kBV
出典:Twitter


橋本環奈(18)が所属する福岡発のダンスアイドルユニット「Rev.from DVL」が、今年の3月31日をもって解散することが6日、同グループの公式サイトで発表された。

同グループは2003年、前身となるグループ「DVL」を結成。
2011年に現在のグループ名に改名し、2013年11月にはメンバーの橋本がイベントで踊っている写真がインターネット上に拡散。
「天使すぎるアイドル」として一躍ブレークした。

2014年4月にはシングル「LOVE―arigatou―」で念願のメジャーデビューを果たし、オリコン6位にランクインするなど着実にステップアップしていた。

それでも、グループは解散を道を選んだ。
所属事務所は次のようなコメントを発表している。



「グループ並びに個人個人の未来についてメンバー全員と運営事務局との話し合いを重ねました結果、誠に残念ながら袂を分かつ『解散』という形の、それはメンバーそれぞれが新たなる人生の章を歩み始める『別れ』を選択するという結論に至りました」


地元の音楽関係者は、

「全国ツアーや紅白出場を目標に掲げ活動していたが、地元・福岡は指原莉乃率いるHKT48の独壇場で知名度もイマイチ。そんな中、東京進出を果たした橋本がグループの牽引役、いや『天使』となるはずでしたが……」


と語る。

地元の期待を一身に背負って上京した橋本。
昨年は薬師丸ひろ子主演の名作をリメイクした初主演映画「セーラー服と機関銃―卒業―」が公開された。
しかし、公開前には大々的なプロモーション活動が行われたものの、映画関係者は「興収は1億円にも達しなかったのでは」と惨敗の空気が漂っている。

それでも今年はジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利とダブル主演をつとめる「ハルチカ」、週刊少年ジャンプの人気コミックを実写化した大作「銀魂」へ出演するなど仕事は順調。

グループはなくなっても、橋本への仕事の影響はまったく見られない形となっている。