清水良太郎、違法賭博報道で舞台を降板!ディナーショーも中止

清水良太郎、違法賭博報道で舞台を降板

maxresdefault


違法賭博疑惑を報じられたタレントの清水良太郎(28)が、出演予定だったミュージカル「花・虞美人」を降板することが分かった。
9日、同作の制作委員会が公式サイトで発表した。


サイトでは、

「本件に関しまして、所属事務所より事実関係の調査をし、今後に関しての相談をさせて頂きましたが、事実関係の如何(いかん)を問わず、掲載記事に対する責任もあり、所属事務所より降板の申し出がありました」


と説明している。
代役は現在調整中で、決定次第報告するとしている。

また、13日に広島・福山市の福山ニューキャッスルホテル、14日に東京・文京区の椿山荘で開催予定だったディナーショーも中止が決定した。

10日発売の写真誌によれば、清水は俳優・遠藤要とともに違法賭博を行う“闇カジノ”に出入りしたとされる。
報道を受け、所属事務所はマスコミ宛にFAXを送付。店には入店したが、事前に「違法賭博ではない」と説明を受けたとし、2度目に訪れた際に前回とは状況が違うことに気づき、「違法賭博かもしれないということで急いで店を退出した」と説明していた。