手術を繰り返すKABA.ちゃんにIKKOが「整形モンスター化」を心配!“整形依存”に陥っている可能性も…

手術を繰り返すKABA.ちゃんにIKKOが「整形モンスター化」を心配

001_size6


昨年3月にタイで性別適合手術を受け、8月には戸籍上の性別も“女”と認められた、タレントのKABA.ちゃん。
本人は、“もっと、もっと女らしくなりたい”との思いから、声帯や整形手術を行っていたと語る。

だが、あまりにも繰り返される整形手術には心配の声もあがっている………。


2月9日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」に出演したKABA.ちゃん。
二重まぶたにする手術を韓国で行うKABA.ちゃんに同行するVTRで、共演者のオネエ仲間であるIKKOからは「整形のしすぎ」と指摘されると、

「なりたい顔にならなかったから、やり直した」

と語った。
これに“おぐねぇー”こと小椋ケンイチからは、

「誰かが止めないと。なりたい顔には一生なれない」

と諭されても、「なれるわよ!」と語気を強めて答える一幕もあった。

実は以前から、KABA.ちゃんの整形に関しては視聴者からも「整形モンスターにならないか心配」といった声が上がっていたという。

整形に詳しいジャーナリストも、「指摘通り“整形依存”に陥っている可能性がある」として次のように話す。

「人間は、病的なことでない限り、バランスが取れているんです。例えば、鼻を高くした。すると、頬骨とのバランスが崩れる。そして頬骨を手術すると、今度は額とのバランスが崩れる。では、顔を骨格から何から何まで整形したとしても、体とのバランスがチグハグになる。このように、どこかで妥協しないとどんどん“整形スパイラル”にハマっていく。ただ、こうした依存も一般人だと経済的にストップできるのですが、芸能界などの場合は歯止めが効かなくなる人も多い」



確かに金銭的な心配がないのなら、気の済むまで整形手術を繰り返すことができるだろう。
だが、取り返しのつかないことになる前に、ぜひともKABA.ちゃんがやめてくれれば良いのだが………。