松本伊代、生番組で線路内立ち入りを謝罪「今後は自覚を持って行動し、仕事を続けたい」

maxresdefault
松本伊代、生番組で線路内立ち入りを謝罪

maxresdefault


JR山陰線の線路内に無許可で侵入したとして、鉄道営業法違反の疑いで京都府警が書類送検したタレント・松本伊代(51)が14日、火曜レギュラーを務める関西テレビの生番組「よ~いドン!」に出演。

番組の冒頭で、線路内侵入の件について「ご迷惑をおかけしました」と謝罪した。


同局の高橋真理恵アナウンサーに「松本伊代さんからお話があります」と促された松本は、

「はい。皆さま、このたびは私の軽率な行動により、たくさんの方々にご迷惑をおかけしました。本当に申し訳ござませんでした。今後はこのようなことがないように自覚をもって行動し、お仕事を続けさせていただけたらと思います。本当にご迷惑をおかけいたししました。すみませんでした」


と謝罪し、およそ1秒間、頭を下げた。

その後、松本は時折笑顔を見せるものの、番組終了まで表情は硬いままだった。
同局によると、松本の所属事務所など関係各所と協議の結果、冒頭であいさつすることが決まったという。

松本は今年1月、テレビ番組のロケに行った際、タレントの早見優とともに京都市内の線路に立ち入り写真撮影を行った。
ブログにそれを掲載するやたちまち炎上状態となり、その後、京都府警の事情聴取を受けて今月10日に書類送検された。
当該ロケ番組は放送中止が決まった。

松本は11日にライブを行った名古屋市内で取材に応じ、「本当にご迷惑をおかけして、反省しています」と涙を流して謝罪した。
maxresdefault